■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヒノキ retry

幾度か書いているかもしれませんが、未熟さゆえに秦野のヒノキに誤解があったようです。
引きが重いと思っていたのですが、初削り会場で、萩原さんの削り材を削らせて頂いたのですが、とても香りよく気持ちよく削れました。


気になって仕方がないので、初削りから帰宅後、工房にある秦野のヒノキを再度試してみました。
blog_import_535b78241b4c7.jpg

鉋は「金井」。
研いで初削りに持参したのですが、会場で使うのを忘れていました。
削る面を精度良く出して、やや湿らせてから、上の写真くらいの薄さで削ると、とても引きが軽くなることに気付きました。
少しだけ、ヒノキを削るコツが分かってきました。


blog_import_535b78247a61d.jpg

気が付くと、周りは削り屑で一杯です。


blog_import_535b7824e1fa4.jpg

徐々に薄い削り屑になってきました。
香りも良いし、ヒノキを削るのも楽しいですね。


 

スポンサーサイト


鉋 金井 | 23:05:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
材を湿らすのは、薄削りに限らず鉋掛けには
有効な手段のようですね。
私は今まで、広葉樹の鉋掛けでも材を湿らせたことはありませんでした。
今度、試してみたいと思っていますが、今度は台の
狂いの方が心配ではあります。
狂ったら、ちゃちゃっと修正する腕がまだ無いもんですから。
2013-02-27 水 17:23:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは。
ヒノキ、スギ、米ヒバの針葉樹は、材を湿らせると削りやすい感じがします。湿らすと言っても、ベタベタな状態で削れるのは、スギくらいで、濡らした後、乾いてシットリした頃を見計らいます。
広葉樹は、試したことがありませんので、機会があれば試してみます。
濡れていると下端は、狂いますが、透いた部分のどこに当たっているか、濡れるので分かりやすいと思います。当たった部分を削るようにして、下端を調整することが多いです。
2013-02-27 水 23:33:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。