■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

削り材ウンチク

なかなか体調が戻らず、鉋を触れませんでした。
来週は、京都の初削りに参加させていただく予定なので、今日は、病院でもらった薬を呑んで削りました。


私は、主として「米ヒバ」を削り材に使用しています。
米ヒバの削り面を水で湿らせて削るため、米ヒバが微妙に反ってしまうことが多いです。対策として、2枚を木工ボンドで貼り合わせて、75mm(約2寸5分)の厚さにしてみました。
blog_import_535b780e0bd6e.jpg

まずは基本的なこととして、下の台と削り材が、ピッタリ合うように、鉋で調整します。
削り面の平面度も重要ですが、台と削り材がガタガタしたり、中央や左右が浮いていると、鉋をやや押し付けて引いた時、削り材が曲がるなどします。
その際、薄く削ろうとして、鉋の下側への力の入れ方を少なくすると、削り材が元に戻ろうとするので、鉋の下端と削り材の関係が崩れて、削り屑が途中で切れたりしてしまいます。薄く削るには、重要なことと思っています。


次に、削り面の平面を鉋で調整します。
私の目ではどこが凸で凹か見てもわかりませんので、これが、なかなか難しいです。100cm位のアルミ板を当てて確認することも多いです。


やや厚く10~15ミクロン程度で削って、感触を確かめます。
blog_import_535b780e6ae2c.jpg

削り材の始めから、最後まで、1枚で綺麗に削れるようにします。
基本的なことですが、薄く削るためには、事前に、ここまで調整することが大切と思っています。


薄削りしてみました・・・・
blog_import_535b780f26447.jpg

今日は、削る前の講釈をウンチク言っていますが、刃が切れ止んしまい、薄くない・・・・・(恥)
適当に読み飛ばしてください。(笑)
blog_import_535b780f84c8d.jpg

毛羽立っていて、8~10ミクロン程度でした。もう少し切れてほしいところです・・・・・・。


そういえば書きながら、思いついたのですが、2丁の刃を同じ砥石の条件で研いで、1枚で削り材の表面の調整をした後、残りの1丁で薄削りに挑戦するというのは、良さそうな気がします。今度、チャレンジしてみます。
(すでに実施されている方が多いかもしれませんね)


 

スポンサーサイト


薄削り練習 | 18:10:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
今晩は
体調なかなか戻らないようですね
こんな時は一般水分をとって寝てしまうのが良いですよ
若いときとは違って回復するのも時間がかかります
ご自愛ください
来週はほんまもんの会の初削りですか
エースは忠治ですか
それとも北の国から来た座右ですか
良い鉋がたくさんあって選ぶのが大変ですね
2013-02-17 日 22:07:00 | URL | ケンゾー [編集]
No title
ケンゾーさん、こんばんは。
ご心配いただきまして、ありがとうございます。
仰るように、若い頃と違って、回復に時間が掛かっています。歳には勝てませんが、健康のことを考えないといけませんね。
エースは、「金井」一族です。(笑)
「座右」も「楽仙」も切れてくれますのでどうなることやら。
今、9丁の鉋がレギュラーで、全部参加させる予定です。
2013-02-18 月 23:15:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad