■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
一気に研ぎました

今日は、チームB滋賀県班の薄削り練習会に参加させていただきました。
萩原さん、お世話になりました。


朝から、寸八9枚の刃を一気に研ぎ、9丁の鉋を持参しました。
これが現在のレギュラーメンバーです。
blog_import_535b78002f583.jpg

6日間、水没させた米ヒバ材も持参して、気合十分!?
blog_import_535b780088a7d.jpg

と、思っていたら、肝心のデジカメを忘れました・・・・(汗)


練習会では、部分的に4ミクロンの削りもあって、調子は良かったのですが、U村さんが、一番薄かったように思います。お会いするたびに薄くなっているので焦ります。(笑)
萩原さん、U村さん、K本さん、大変お世話になりました。
薄削りが好きな仲間と、あーでもない、こーでもないと半分冗談言いながら、削るのは楽しいですね。
また、一緒に削らせてください。


米ヒバが薄くなったこともあり、削り面に水気を加えると、動きが著しくなってきたので、帰宅後、2枚を貼り合せました。
blog_import_535b780102acf.jpg

動きが少なくなりますように!
削り材の位置が高くなる不安もありますが、楽しみ、楽しみ。

スポンサーサイト


薄削り練習 | 22:38:58 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
No title
WAKUさん、遠いところありがとうございます。
WAKUさんにお越しいただけると雰囲気がしまりますね。
それにしてもさすがですね。
おどろいたのはあの削り華の艶です。
WAKUさんの鉋はどれもよく切れていましたね。
私なんぞは、うす削りから離れて杉や台湾ヒノキを削ったりと脱線しまくりでした。
こんな私ですが、また一緒に削ってください。
2013-02-04 月 06:40:00 | URL | 萩原 [編集]
No title
WAKUさん、お疲れ様でした。
削り材を削らずにおもてなじみを削って邪魔をしていたK本です。京都にはWAKUさんの様に前準備をしてから行きたいと思います。
それにしてもあの杉のしらたの艶にはおどろきました。マル秘の削り方まで教えていただいて感謝です。仕事にいかせる様がんばってみます。
それとWAKUさんに「削ってみる?」といわれWAKUさんの鉋で削らせてもらいとても嬉しかったです。一桁前半を出す鉋の引きの軽さ、安定感、すばらしかったです。
ありがとうございました。
2013-02-04 月 21:45:00 | URL | [編集]
No title
萩原さん、お世話になりました。
今回は、落ち着いて、削れました。
遠いといっても、74km、1時間20分です。
大分とは比べ物になりません。(笑)
そんなに締まりましたか?(笑)
僕は、いつもの如くです。
以前に萩原さんから、切れている時は、削り華が光っていると教わって、目標にしていましたので、光栄です。
薄削りは、腕もありますが、毎日意識して削って練習することが基本でしょね。
台湾ヒノキを見せていただき、ありがとうございました。
あっ、思い出した・・・
明後日から、台湾に仕事に行ってきます。
2013-02-05 火 00:44:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
K本さん、コメントありがとうございます!
素人が、偉そうにして、すみませんでした。
>削り材を削らずにおもてなじみを削って・・・
パソコンの前で、思わず大受けしました!!(失礼)
名古屋弁で、「まわし八分」という言葉を教えていただいたことがあります。仕度(準備)仕事の八割を占めるような言葉だったと思います。
なかなか、難しいことですが、大切と思います。
杉の白太は、気分転換です。
杉も削ってもらえば良かったですね。
>一桁前半を出す鉋の引きの軽さ、安定感、・・・
そっ、そんなに過分な言葉をいただくと、嬉しいです。
たまたま調子が良かっただけで、普段は、四苦八苦しています。
こちらこそ、また一緒に削らせてください。
2013-02-05 火 01:09:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
お久しぶり。最近刃どんな研ぎを試しているんですか?
2013-02-07 木 23:58:00 | URL | kuni [編集]
No title
kuniさん、お久しぶりです。
台北市の夜の街をウロウロしています。
研ぎは、830pと人造大理石bで表面の立て研ぎを最終にしています。
特に変わったことをしていませんが、砥石の平面度と、埃対策と、830pの粘度と、中砥石の平面度に神経を尖らせています。
後は、下端の4点と削り材¥の平面度に注力しています。
それでも、2ミクロンは難しいです。
座右は、金井よりも切れ込んでくれています。
2013-02-08 金 02:09:00 | URL | WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。