■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
下端定規

数年前、どこかの削ろう会を見学に行った時に、記念として購入した松井精密製ストレートエッジを使っています。
購入時は、薄削りをするとは思っていなかったし、知識もなかったので、切り欠きのRが無いものを買ってしまいました。
最近は、おやかたさんから頂いた超仕上げの刃を利用した下端定規を自作して使っていました。
blog_import_535b77ead17f5.jpg

先日から、鉋の台頭が削り材に強く当たるようになったため、自作した下端定規を確認すると狂ってきていました。


そこで、切り欠き付きのストレートエッジを新規購入しようとしたのですが、ネット上では長さが400mm、600mmのものしか見つけられませんでした。
400mmは、長台にも使えて良いのですが、やや重たいので購入せず、今のストレートエッジにグラインダーで切り欠きをいれることに計画変更しました。


blog_import_535b77eb42654.jpg
現在使用しているストレートエッジは、360mmで、長台には使えませんが、軽くて扱いやすいです。


グラインダーで、切り欠きをつけました。
blog_import_535b77ebb1eb2.jpg

切り欠き幅は、5mm程度で、市販されているものより、小さくしました。
このほうが、刃口部分と包部分やアゴの部分を比較する精度が上がると思っています。


ただ、慎重に下端定規を使わないと、折角研いだ刃に、「コツン!」と当ててしまいやすいです。


今夜も、「コツン!」とやってしまいました・・・・・(涙)


blog_import_535b77ec1d439.jpg

削ってみると、予想通り、刃が欠けていました。
まぁ、いつもと違う部分の削り屑が割れたので、少しづつですが、「貞正」も調子が上がってきたように感じます。


 

スポンサーサイト


薄削り練習 | 22:54:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。