■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新しい発見

今夜は、昨年末に再生した鉋、「カネ庄」で削りました。
4点で当てた下端の調子が良くて、ようやく理想の下端に近づいてきたような気がします。


ただ、削りを薄くしていくと、毎回、削り屑の同じ所が割れてしまいます。
blog_import_535b77d8513d8.jpg
左から7mm位の所が、薄く削ると割れます。


指で削り材を触ると、切れた部分に僅かな段差があったので、最初は、錆のピンホールが影響した刃先の小さな欠けと考えて、数回研ぎ直しましたが、いつもここが割れてしまいます。
拡大鏡で見ても、刃先の欠けは見当たらず、原因不明の状態が続いていました。



刃口の写真です。
現在、使用しているデジカメのマクロ(接写)は、10cmまでで、刃口が上手く撮影できなかったのですが、虫眼鏡を併用する方法で撮影してみました。これは新しい発見です。
blog_import_535b77d8a4124.jpg
ネットで検索していて、偶然見つけた方法です。


刃を少し抜いた写真です。
これも虫眼鏡を使って撮影しました。blog_import_535b77d905820.jpg
木っ端返しを見ると、削り屑が割れる箇所に、小さな削り屑が引っ掛かっています。
どうやら、刃との距離が狭いのに加えて、この部分の樫の導管のバリがあり、削り屑が引っ掛かかりやすいようです。
指で木っ端返しを触わって確認しても、ここに何か小さなバリがあるように感じたので、オイルを塗布して#1200のペーパーで磨いてみました。


研ぎ直しせずに同じ刃で削ります。
blog_import_535b77d95581f.jpg
削り屑が割れていた部分だけ厚くなっていますが、問題ありません。


おそらく、刃先が欠けていたのでは無くて、木っ端返しのバリに削り屑が引っ掛かり、この部分だけ削れなくなり、削り屑が割れていたように思います。

更に、同じ刃で研ぎ直さず、薄く削ってもつながっています。
blog_import_535b77d9b17cf.jpg

ここまで削ったら、刃が切れ止んでしまいました・・・・


これから、研ぎ直します・・・・


 

スポンサーサイト


鉋 金井 かね庄 | 21:23:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。