■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
薄削りと超薄削り

台が完成した「貞正」で、削り始めました。
blog_import_535b77d357bf3.jpg
上の写真は、苦戦しているヒノキを削って様子を見ているところです。


米ヒバで「超薄削り」を目指して、チャレンジです。
blog_import_535b77d3cc6ee.jpg
写真では、調子良さそうに見えますが、それほど調子は出ていません。


blog_import_535b77d437b02.jpg
静電気は発生するし、途中で削り屑が引き千切れるし、刃の欠けも発生しています。


3回研ぎ直して、チャレンジしましたが、同じような結果でした。


悩みながら、ふと「一人上手」を見ると、鉋屑を引っ張るオモリが、こんなに付いていました。
blog_import_535b77d4974f2.jpg
ヒノキを削っているときに、大きなオモリを1個増やしてテンションを上げたことを忘れていました。(汗)
今後は小さいオモリ2つに戻すことにします。


「超薄削り」を目指すために、刃の研ぎの精度、下端の精度、削り材の精度、湿度・・・・・・・それぞれの精度を更に少しでも上げるように努力してみようと思います。
って、いつも言っている言葉ですけど・・・・(笑)


 


最近、「薄削り」と「超薄削り」を頭の中で使い分けようと思っています。


言葉の定義などは無いと思うので、自分で勝手に、
2、3、4、5ミクロンを「超薄削り」
6ミクロン以上を「薄削り」
と考えています。(間違っていたら、ご教授願います)


もちろん、毎回「超薄削り」を目指して削るわけですが、結果的に「薄削りに」なっているだけの話ですけどね。(笑)


 

スポンサーサイト


鉋 金井 貞正 | 09:59:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。