■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
復帰できるかな?

海外と言っても、お隣の韓国 大邱(テグ)という町に滞在していました。


日本語、英語は、ほとんど通じず、ハングル文字もさっぱり分からず・・・・


それでも、色々助けていただいて無事に帰ってこれました。


blog_import_535b763b37be5.jpg


帰宅後、一週間ぶりに鉋を手にとってみましたが、心配していたように、鉋の感覚がリセットされてしまったようです。


やはり、毎日鉋を触ったり、削ったりするのが、一番大切やなぁって感じています。


でも今日は、眠いので寝ます・・・・・。

スポンサーサイト


日常 | 22:37:17 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
No title
無事帰国されたようですね^^
お疲れ様でした。
私も1度だけ韓国に一人で行ったことがあります。
全くハングル分からない状態で往復の飛行機だけチケット取って行ったんですけど何とかなるもんですね^^
またブログ楽しみにしてます^^ノシ
2012-06-06 水 07:05:00 | URL | ぽーる [編集]
No title
ぽーるさん、こんにちは。
帰国後もバタバタしていまして、ご返事が遅れました。
一人で行かれたとは、流石です。
今回は2人で移動しましたが、次回は1人だろうなと思っています。
鉋を触っても、まだしっくりきません・・・
2012-06-09 土 03:51:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
wakuさん、お疲れさん。
このところ訳あって、青紙の鉋を試す日々です。この数日の出来事なのですが、2段研ぎで短時間で刃先を仕上げる場合は、青紙に関してはパウダーの方が向いているのではないか?という気がしてきてます。
 天然の砥クソラップのようにじっくり砥ぐ場合は研げるのですけど、短時間、ないし少ない距離で研ぎ上げようとすると天然では青紙の刃先は逃げる傾向をなんともなしに感じ始めています。
 もしかしてと思って裏10000切れ刃8000の2段研ぎをしてみると刃の厚みが薄く仕上がっているように見えました。
 どうやら炭素鋼は天然砥、特殊鋼は人造ないしパウダー、という使い分けをした方が良さそうな気配ですね。
 ちょっと惑わせるようなことで申し訳ない。
2012-06-09 土 12:38:00 | URL | kuni [編集]
No title
kuniさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今まで青紙、白紙は、ほとんど意識せずに同じように刃先研ぎをしていました。
ただ、同じように研いでも、なんとなく差が出ているように感じていましたが、自分の研ぎの技術が安定していないのが、原因かと勝手に思っていました。
もう少し、意識して研いでみようと思います。
>天然では青紙の刃先は逃げる傾向・・・
この表現を解釈するのが難しくて、理解できていないかもしれません。
刃先が砥石に馴染まず、滑っていると解釈していますが、間違っていたらスミマセン。
自分の勉強不足なのですが、炭素鋼=白紙、特殊鋼=青紙、スーパー鋼と解釈しましたが、今回のコメントでは、未確定の部分もありそうですので、炭素鋼、特殊鋼は、広義にとらえた方が良さそうですね。
なかなか上達してませんが、一つ一つ考えて薄削りを楽しんでいます。
2012-06-10 日 06:59:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
おはようございます。鋼の解釈はそれでいいですよ。特殊元素が入っている、いないで炭素鋼、特殊鋼と言い分けています。碓氷さんはクロームだけが入った炭素鋼を「炭素系」なんて言い方をしてましたね。
 青紙と白紙の研ぎはまったく違います。自分の研いでいる刃がどちらかなのかははっきりと意識して研いだ方がいいですよ。
 特に裏を当てる時、青紙は1ミリ以下じゃないとまともな刃が付かないと考えたほうがいいです。タングステンカーバイトの硬い粒が表面で頑張って「おれは研がれないぞー」って言ってるんでしょうね。(笑)
 「刃先が砥石に馴染まず、滑っている」そんな解釈でいいでしょう。天然の砥粒は研削力がないのでタングステンを相当時間をかけないと研げないのだと思います。だから刃先はしなりながらこすられているイメージがするのですよ。それを「逃げる」と言ったのですわ。
2012-06-10 日 09:02:00 | URL | kuni [編集]
No title
kuniさん、こんにちは。
Crだけが入った炭素鋼もあるのですね。
知識が乏しくて・・・・
W(タングステン)炭化物の作用が研ぎに影響することをイメージして研いでみようと思います。
ただ、現在使用している鋼が、青紙か白紙か不明のものもありますけど・・・・(恥)
>裏を当てる時、青紙は1ミリ以下じゃないと・・・
青紙の研ぎは、白紙に比べると大変かもしれませんね。
個人的には、なんとなく白紙の方が好きなのですが、まだまだ確固たるものが無いので、色々考えて研ぐことで、楽しみが増えそうな気がします。
2012-06-10 日 10:49:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。