■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
削り屑の輝き

毎日、削っていますが、厚さに変化がありません。
天然砥石に期待して研いでいますが、自分のものになっておらず、むしろ削ると粉が吹いてしまい、人造砥石を上回るような記録になりません。
まだまだ駄目です。


写真は人造砥石で研いだものです。
blog_import_535b7625dd437.jpg


切れが良くて、薄くなるときは、削り屑がピカッと輝くと聞いたことがあります。
最近、輝くことが多いのですが、薄くなってくれません。
blog_import_535b7626577be.jpg


最近、削り材の平面度が崩れて、微妙に凸になってしまいました。
基本的なことですが、限りなく平面に戻さないといけません。
長台の4点付で修正できると聞きました。
今まで、長台の4点付きで削れたことがないのですが、少し下端のコツが分かってきたので、再度、長台を調整したいと考えています。
「急がば回れ」と思ってやります。

スポンサーサイト


薄削り練習 | 23:49:32 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
No title
おはようございます。kazuです。毎日の削り凄いですね。
自分は何かと用事ばかりで削っていません。大会が近いのに焦っています。
参考にはなりませんが自分の砥ぎ工程を紹介します。
(大きなお世話かもしれません。)
今の自分にはこれがベストです。
1 まず裏の平面と表の平面をshapton空母でなおします。(砥石の平面もこれで直します)
2 裏を1000番で押します。軽く押し、裏全体当たれば黒幕2000番で同じことをします。
3 平面を直した硬い天然砥石にラッピングパウダーを乗せ少量の水で押します。軽く、ストロークは1~2㎝程度です。全体に当たれば止めます。(何かヘンな色ですが)
4 硬い砥石を洗い空母で直し、その出た直しクソで裏押しして裏の完了です。
5 表は黒幕2000でV砥ぎです。100倍ルーペで見らがらはぼ刃を付けます。5分程度です。
6 仕上げは4と同じ事をして砥ぎます。これも約5分程度でしょうか。
今はこの砥ぎ方をして、だいたい5~6μです。時間もかなり短縮できました。
また、どうしても刃先かける時は山本式にしています。
参考にはなりませんが、今は時間をかけず安定した鉋屑を出せる砥ぎをしています。その先の2,3μはまだまだ先になりそうです。 
鉋台の調整は時間がなくなったので仕事から戻りましたら、また投稿いたします。 
仕事にいってきます。今日は暑くなりそうだ。
2012-05-23 水 06:49:00 | URL | kazu [編集]
No title
おはようございます。
余計かもしれませんが、天然砥石は霧吹きを使って水の調整をするのがいいと自分は思ってます。天然砥石は人工以上に鎬面の当たり判定がシビアだと感じ、人工以上に指先で刃先を感じ能力が必要と感じます。それと、最後は洗剤一滴たらして研ぎも効果的と感じます。(^_^)/
2012-05-23 水 10:26:00 | URL | ふくたけ [編集]
No title
kazuさん、こんばんは。
毎日削っても一向に薄くならない中、貴重な研ぎのコメントをいただき、感謝します。
大きなお世話だなんて、とんでもございません。
shapton空母は、持っていませんが、砥石面の修正以外にも使用できるのですね。なるほど。
裏押し1~4の緻密な工程には、驚きました。
WAKUの裏押しは、とてもいい加減であったことに気づきました。
表は、ルーペで見ながら行うのが良さそうですね。
これからは、焦らず確認することにします。
5~6ミクロンですか・・・安定して出せるのは、すごいです。
今回いただきましたコメントからも、色々反省することしきりです。
鉋台の調整のコメントも楽しみにしています。
お仕事も忙しいと思いますので、kazuさんの時間がある時にお願い致しますね。
昼間は、暑い日が続きそうですね。体調に気をつけて頑張りましょう。
2012-05-23 水 23:14:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
ふくたけさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
なるほど、霧吹きを使って水の調整をするのですね。今まで考えたこともありませんでした。
感謝です。
コメントを頂いているkuniさんやkazuさんも天然砥石で研ぐ時の水の量について、シビアに考えるアドバイスをいただいていますので、これは貴重な方法かと思います。
是非、試してみようと思います。
>人工以上に指先で刃先を感じ能力が必要・・・
そうなんですよね。これが、まだまだ未熟で・・・
この辺りの差が、数字に出てくるのでしょうね。
洗剤一滴もすでに実践されていたのですねぇ。
まだまだ未熟者ですが、これからも、よろしくお願い致します。
2012-05-23 水 23:22:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
おはようございます。 私の方がはるかに未熟者ですよ。山本式って何‥‥ってぐらいですから(笑)  マイクロメーターないので、自分の削りの数値もわからいですし。WAKUさんの倍くらいの厚さかもって感じです。 
そういえば、仕事の削りは和室とか、社寺の仕事がある時は手で仕上げますよ。
今日も1日、頑張りましょー(^_^)/
2012-05-24 木 07:28:00 | URL | ふくたけ [編集]
No title
ふくたけさん、こんばんは。
まぁ、研ぎ一生というくらいですから、いつまでも完成せず、未熟者なのかも。
僕は、数値にこだわる方なので、厚いと思っても、測定してしまいます。
また、写真は何枚も撮影した中のベストショットを掲載していますので、七掛け位で見ておいてください。(笑)
仕事で削る時の、ふくたけさんの気合が入っている姿が目に浮かびますよ(^^)
羨ましいです。
明日も良い日になりますように!
2012-05-25 金 00:14:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。