■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
教わった研ぎを試してみました

初削りの講演で、愛媛県の山本氏から教わった研ぎを試してみました。


講演後、すぐに試したかったのですが、肝心の裏金が無いため、先延ばししてきました。
ようやく、中古の裏金を入手したので、初挑戦です。


まずは、裏金を綺麗にします。


【before】 一枚刃の台が多いので、裏金を触るのは久しぶりです。
blog_import_535b758f01475.jpg


blog_import_535b758f7e2a1.jpg


【after】 「さびとりつや之助」が活躍してくれました。
blog_import_535b758fd5c7e.jpg


blog_import_535b75903e32a.jpg


試し削りする刃は、昨日まで触っていた「忠次」にしました。


治具にセットした状態です。
blog_import_535b7590ae48c.jpg


この状態で、刃の黒幕#1000~キング#1000~刃の黒幕#12000~エビ#8000で研ぎます。
山本氏が使用していた砥石ではありません。WAKUが、普段使用している砥石です。


講演では、簡単そうに研ぎながら説明されていましたが、砥石の上で刃が安定せず、研ぎは至難の業でした。
グリンテック無しで研ぐには、技術不足でした。
セッティング含めて慣れていないこともあり、いつもの倍くらい研ぎの時間がかかりました。
刃返りについては、全くありませんので、裏研ぎは行なっていません。


早速、削ってみました。
<blog_import_535b75912f5d5.jpg


削った際の個人的な感想ですが、
刃先研ぎの調子の良い時に似ていますが、今回の方法は、ばらつきが少なそうに感じました。
また、刃先研ぎは、2~3回削った後の方が調子良いのですが、この方法は1回目から調子よく切れてくれます。


まだ2回くらいしか試していませんが、研ぎに左右されず、安定してよく切れる方法と思います。
blog_import_535b75918ef5c.jpg


blog_import_535b7591e37fa.jpg


他の鉋とは違う感じ(ペラッっとした感じ・・・意味不明ですみません)の削り屑が出ます。


教わった研ぎを継続して追求するか、刃先研ぎに戻るか、悩むところです。

スポンサーサイト


砥石・研ぎ | 23:30:42 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
No title
最初は、読んでも、この裏金の意味が分かりませんでした。
刃返りを出さないための一種のジグとして使う訳ですね。
「刃返りが出るまで研ぐ」という固定概念がありましたが、こういう研ぎ方もあるんですね。
びっくりです。
2012-03-05 月 17:14:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
この研ぎで削ったのをみましたが、明らかに鉋屑、削った肌の艶が違うのを感じました。またうっかり刃先を潰してしまう事も無いのではと思います。そういう事まで踏まえると、かなり画期的な研ぎでは無いでしょうか。
2012-03-05 月 22:27:00 | URL | 正宗 [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは!
文章力の無さを想像力でカバーしていただき、感謝します。
仰る通り、裏金を鉋身より僅かに出して研ぐことにより、刃帰りが裏金に出ます。
砥石にぶつかる刃先は、ミクロ的に見ると良くないという考えで、刃先の悪い部分は、裏金の先端に発生させています。
なかなか、思いつかない逆転の発想です。
2012-03-06 火 00:26:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
正宗さん、こんばんは。
さすが、すでに見ているのですね。
鉋屑や削った肌の艶が違うのを感じることができるのは、試行錯誤されている先人の方々のお陰です。
深く考えずに研ぐだけで、安定した切れが期待できる画期的な研ぎ方かもしれません。
2012-03-06 火 00:37:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
お久しぶりです。
この研ぎ方はずいぶんと前に麓の棟梁が教えてくれました。
発想もさることながら、実践するだけの技術も相応に必要だと感じます。なので実践できているWAKUさんは流石です。
棟梁曰く、コンパネにドリルで普通に穴をあけると裏側でめくれが出るが、コンパネを複数枚重ねてあけると一番裏のコンパネ以外の穴にはめくれが出ないのと同じ原理との事。
また、それさえ知っていれば刃かえりを出しすぎないようにすれば、普通に研いでも敵うとの事です。
2012-03-06 火 09:44:00 | URL | snd [編集]
No title
sndさん、こんばんは。
すでにご存知でしたとは、流石ですね。
色々な研ぎ方を試しながら、遊んでいます。
どれも極まらなくて、中途半端なので困ったものです(笑)
刃返りを出しすぎないようにとは、聞いているのですが、タイミングが難しく、おもいっきり返りを出してしまいます。
返りを取るだけでも大変ですし、刃先に悪いことは分かっているのですが・・・
2012-03-06 火 23:37:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。