■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

悪夢

息子の演奏会から帰宅後、鉋「忠次」を触っていました。


台を変えて、削りがどのように変化するか試したくて仕方がありませんでした。
下端を適当に仕上げた後、削ってみると、ビビリが軽減していて、良い感触でした。
blog_import_535b7550efeb2.jpg


刃は切れていて、10ミクロン程度まではいけそうです。
blog_import_535b755152cac.jpg


下端の精度を上げて、刃を丁寧に研いだら、一桁の中ごろまでいけそうな勢い・・・・
一人でニンマリしながら、刃を研いでいたら・・・・・


刃をコンクリートの床に落としてしまいました・・・・・・・しかも、刃先側から・・・・(涙)
右側がボロボロに欠けてます。
blog_import_535b7551abc23.jpg


一箇所ひどい欠けがります。
元々、糸裏に近かったので、欠けを修正すると裏切れします。
裏も出さないと・・・・・
blog_import_535b755204c58.jpg


あ~ぁ、一桁中盤を夢見ていたら、一瞬にして悪夢を見ることになってしまいました。


まぁ、切れそうなことが分かったので、荒砥から研ぎ直して頑張ります。
また、調子狂うでしょうね・・・・・


この欠けを修正する場合の手順としては、
1.裏出し、2.刃先を潰す、3.研ぎ


それとも
1.刃先を潰す、2.研ぎ、3.1.裏出し


どちらが良いのでしょう。

スポンサーサイト


鉋 忠次 | 01:10:48 | トラックバック(0) | コメント(12)
コメント
No title
私なら、刃先、裏だし、刃砥ぎです。
2012-01-30 月 07:29:00 | URL | はなや [編集]
No title
どうやら刃の方では無くて良かったです。台の方でしたね。薄削りは台のびびりがダイレクトにでますよね。私の鉋はびびりまくっています。(爆)しかし刃を落とすとは不覚でしたね。私もたまにやりますが、怒りを通り越して、唖然としてしまいます。私も裏だしからします。私は二枚鉋ですからもう少し裏をつけてます。裏切れした状態から叩き出すのは、慣れないと怖い物があります。また裏押しする事に寄って刃こぼれも多少は小さくなっていくと思います。あくまでも私の場合です。もっといい方法があるかもしれません。復活した画像のアップ楽しみにしてます。
2012-01-30 月 11:29:00 | URL | 正宗 [編集]
No title
私も最近2回ぐらい研いだばかりの刃を
落としてしまいました。
お湯を使って研いでいるのですが、
手がかじかんで感覚がにぶっているのですね。近頃、一皮むけたWAKUさんの削りに感心しています、また一緒に遊びましょう。
2012-01-30 月 13:00:00 | URL | おやかた [編集]
No title
はなやさん、コメント感謝です。
刃先、裏だし、刃砥ぎ。
冷静に考えると、理に適った順番ですね。
2012-01-30 月 23:03:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
正宗さん、こんばんは。
削っている感覚が、他の刃とは異なっていて、滑らかな薄いセロファンが出てくるような感じで、刃の切れは良さそうです。
ビビリ対策は、刃口と台頭の2点当りで削ると改善する場合があります。台尻を当てないという思いもつかなかった凄い方法です。
あははっ、怒りを通り越して、唖然・・・
全くその通りで、頭の中が空っぽになってブログを書いていました。
裏切れした状態から叩き出すのは、怖いです。今の不安な状況を分かっていただいて嬉しいです。
裏出し・・・今度は、玄翁で鋼を叩かないよう注意します。連続技は洒落になりません(笑)
2012-01-30 月 23:12:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
おやかた、こんばんは。
この時は、冷水で研いでいて、刃返りが良く分からないくらい手先の感覚が鈍っていました。更に研糞が多くて、手が滑ってしまいました。
おやかたでも、落としてしまうんですね。
ある日突然、一皮剥けると良いのですが、そんな夢みたいなことは無くて、地道にやっています。
また、研ぎ、刃先、台をじっくり見てもらって、おやかたからのシビアなコメントで刺激を受けたいと思っています。
もう少し暖かくなって落ち着いてきたら、一緒に削らせてください。
2012-01-30 月 23:20:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
薄いセロファン、かなり切れている証拠です。私も目の前で見せられた事があります。薄い繊維の縮れたような屑では無くて、テープが出てるような感じでした。復活させて測定するのが楽しみですね〜。
2012-01-30 月 23:25:00 | URL | 正宗 [編集]
No title
正宗さん、こんにちは。
そうそう、繊維の屑が集まったのでは無くて、テープのような感じです。
毎回、そうは行きませんが、たまに鉋の調子が良いと出てくるんです。
測定した厚さも薄くなりますね。
2012-01-31 火 07:34:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
思わぬ所に落とし穴でしたね。
私の工房も標準はコンクリート床ですが、全面に断熱材を挟んだコンパネを敷いて、今では正解だったと思っています。
研ぎ場の周辺だけでもマットを敷いた方が良いかもしれません。
2012-01-31 火 10:40:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは。
以前から床をコンパネにしたいと思っていますが、時間も無くて踏み切れていませんでした。
コンクリートでは、リスクが大きすぎます。
研ぎ場の回りを簡易なマットにするのも一案ですね。
まぁ、裏出しの練習ができると思って良しとしています。何事も楽しい経験ですわ。
2012-01-31 火 23:52:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
ブログいつも楽しく拝見しています。
樫準備されてましたね。実は、私も手柴さんにお願いして三丁分送って頂きました。(私には、もったいない上物)
鉋を学ぶには、失敗しても自分で彫ってみなければと思った次第です。
そこで、1つ教えて頂きたいのですが、ブログの台打ち(その3)の記述の『一枚台なので、V字ではなく、片側だけしか掘れません』  とは、どうゆう事なのですか?もしよければ、教えてください。
初削りに参加してから、鉋にのめり込んでいます。先日は夢で、山に砥石を掘りに行って人造の刃の黒幕を採掘していました。しかもケース付き・・・重病ですね。
2012-02-01 水 21:07:00 | URL | 上村 [編集]
No title
上村さん、こんばんは。
ブログを見ていただいて、ありがとうございます。
いよいよ台打ちされる予定なのですね。
僕も失敗していますが、それ以上に得られるものが多いし、楽しい時間が過せると思います。
台打ち(その4)のことですね。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=3608061
文才がない上に、芋焼酎片手に書いていますので、勝手な表現が出てきて分かりにくくてすみません。お許しください(笑)
V字とは、本刃と裏金を重ねて横から見るとV字に思えたので、そのように表現しました。
片側だけというのは、本刃側だけということになります。
アホな表現で、反省しています。
うゎ~、発病しましたね。
強いウイルスが充満していましたからね~
また、一緒に削りましょう!
2012-02-02 木 00:13:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad