■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

砥石

鉋と砥石は切っても切れない存在ですので、「砥石」というカテゴリーを作ってみました。


まだまだ経験が浅く、砥石について深く語ることはできませんが、譲っていただいたものや、祖父からの砥石含め、色々試して楽しんでいます。


写真は、現在、メインで使っている砥石です。
blog_import_535b73c7c4368.jpg


左から、シャプトン刃の黒幕 #1000、#2000、ナニワ純白超仕上#8000、シャプトン刃の黒幕 #12000、天然本山の5丁です。
特にシャプトン刃の黒幕#2000は、使用頻度が高く、2/3位の厚さになっています。


#2000までは、グリーンテックの治具を使うことが多いです。
その後、#8000、#12000、天然砥石まで、手で研いでいます。


#12000を導入してからは、天然で研ぎ終えるのが早いです。


今日は、金井の刃を仕上げました。
blog_import_535b73c8392cf.jpg


#1000~#12000までを人造砥石で研いで、最後の天然砥石については、少しこだわりを持ちたいと思ってます。

スポンサーサイト


砥石 | 22:26:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
右端の天然砥石は、どこの巣板でしょうか?
良い表情をしているように見えますが、研ぎ感はどうですか?
薄削りに使える巣板となると、粒子が細かくて硬口のものなのでしょう。
天然砥石は、研ぎやすくクセのないものを、好んで使ってしまいますが、研ぎやすさと相反して、研ぎにくくても良い刃をつけるものもあります。
そんな発見が出来たときは、この上ない喜びと驚きの気持が湧き上がります。
wakuさんの砥石の中にも、きっとそんな厄介かつ、ポテンシャルを秘めた原石が居るかもしれませんね!
2011-07-15 金 18:34:00 | URL | 木組曼 [編集]
No title
木組曼さん、こんにちは。
木工を始めた頃、木工職人さんから、本山と言って譲って戴いた天然砥石で、詳細は分かりません。
砥石は、まだまだ勉強不足、経験不足で、何が良いやら悪いやら分かっていませんので、コメントを頂くと、とても参考になります。
色々、砥石も体験して、自分に合ったものを見つけたいと思います。厄介かつ、ポテンシャルを秘めたというクセのある砥石は、魅力を感じますね。
いつか巡り会いたいものです。
2011-07-16 土 09:42:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad