■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

下端の調整で泥沼

まだまだ研ぎも未熟なのですが、最近は、台の下端調整でよく分からず、泥沼化しています。


blog_import_535b729188b80.jpg


以前メモしたこともあるのですが、僕が削ると、すぐに刃先近くの ① 部分が減ってしまいます。
原因は、⑤ の部分を透きすぎているか、刃の切れが悪くて、鉋を押しすぎているか、のような気がします。


少し①の部分が減っただけで、修正に苦労しています。
②部分を削って平らにして、③も削って、④、⑤も透くようにしています。
これでは、ほとんど下端全体を削って作り変えていることになりますね。


うす削りしているより、下端削っている時間のほうが長いような気がします(笑)。


恥ずかしながら毎回こんな状態では、正しいとは思えないのですが、どうしても ①部分が減ってしまい、削るたびに泥沼の下端調整になってしまうのです。


オーバーですが、どんどん台が薄くなって、刃口も開いていくような・・・・普段、誰にも聞けない悩みごと・・・・困ったもんです。

スポンサーサイト


| 22:33:20 | トラックバック(0) | コメント(6)
コメント
No title
おはようございます^^
刃口の際の部分が減るってことですよね?
私は、余り削らないからかそんな風になったことはありません。
動画を見る限りそんなに押し圧も強い感じしないですけどねぇ。
2011-03-09 水 06:36:00 | URL | ぽーる [編集]
No title
こんにちは、WAKUさん。
あくまで私の考えですが、①の部分が減るのは仕方がないことだと思います。
基本的に、台が材料と接している部分は刃口の部分と台尻だけなんですからね。
私も良くやるのですが、何回か削ってみて下端を光にかざしてみると、擦れている(材料に接している)部分は光ってきます。
⑤が当たっているのならそこが材料に擦れて光ってきます。
①~②までの間隔はどれだけにするかは、個人差がありますが、広くなると減る量は少なくなるかもしれませんね。そのかわり、引きが重くなるかもしれません。
いずれにせよ、刃口に最も力がかかるのは間違いないことだと思いますし、そうでないといけないようにも思います。
以前私も四国の名人(親方もご存知)と話をしているとやはり肝心なのは①の部分だそうです。
ここがついてないとダメみたいです。
いろいろ申し上げてすみませんが、がんばっておられるWAKUさんを何とか後押しできればと思ってのことです。お許しくださいませ。
親方も言っておられましたが、またいつか削りましょう。募る話もありますし、またお会いしたいですね。
2011-03-09 水 22:48:00 | URL | 萩原 [編集]
No title
ぽーるさん、こんばんは。
ここの所、新しい鉋「楽仙」の調子を出すのに、毎晩、四苦八苦しています。
僕なりに、刃は切れている(と思う)のですが、削り屑が安定しなかったり、台がビビッタリで・・・
まぁ、技術が無いと一言で言えばそうなんですが、台に問題があると思って、泥沼の状態になっています。
今の「楽仙」は、繊細で、ピーキーな鉋に思えてきます。
2011-03-10 木 01:02:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
萩原さん、こんばんは!
丁寧にご説明していただき、感謝します!
一文一文に頷きながら、読ませていただきました。
僕にとって萩原さんの一言一言は重みがあります。
①が減るのは、仕方がないと聞いて安心しました。
最近、下端の擦れている部分が光ることに気付いて、台直し鉋で削るようにしています。
なぜか⑤の右側が光ります。
①~②までの間隔は、最近7mm位を狙っていますが、色々試してみたいと思います。
以前、お会いしたとき、僕の小鉋で①が駄目と仰っていただいたのが、頭から離れません。よほど重要な部分とその時から思っていましたが、やはりそうなんですね。
いつも、後押ししていただいて、なんとお礼を申し上げたらよいのか。。。
寸八で削りだしてから、疑問点が一杯出てきて、あれこれやっているのですが、なんせ一人では、何がよいやら悪いやら、、、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる状態です(笑)
こちらこそ、またお会いしてお話させてください。
楽しみにしています。
2011-03-10 木 01:17:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
wakuさんの苦労、自分の事のように良く分かります。
①が減ってしまうと逆目が押さえられないですよね。
ところで、④と⑤はどのくらい透くのが良いのでしょう。
たとえば、①の修正を3回に対して、④と⑤の修正が
1回ぐらいの量で④と⑤を透いてしまうと、多すぎるのでしょうか?
wakuさんが薄削りに使う鉋はいずれにしても仕上げ
用ですから、④と⑤の透きは少ない方が良いのでしょうか?
2011-03-10 木 13:53:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは。
回数の質問が、よく理解できませんでした。すみません。
今まで薄削りをされている方々の下端をいくつか拝見させていただいたことがあるのですが、驚いたことに皆様異なるのです。
非常に大きく(目視ですが1mm弱)とっている下端もありました。
極端なことを言えば、削っている時は、②③の2点が当たっていれば良いので、透きが大きくても、上手く(薄く)削ることができているのです。
従って、ご質問に対する明確な答えが見つからないというのが、回答かもしれません。
(僕も0.2~0.8mmで色々試しているところです)
もう少し④⑤の透きについては、個人的に考えて記事にしてみます。
2011-03-12 土 00:28:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad