■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
長台の鉋 (やっと削れました)

今は、鉋に熱を上げていますので、毎回、変な鉋の話が続いています。


前回は、刃口を埋めても薄く削れませんでした。


さらに色々、思い付くことを試します。


まず、糸裏でしたので、何度も裏打ちするのが面倒なこともあり、裏打ちして、健明と同じ位(1.5~2.0mm)の裏を出しました。
blog_import_535b725673e0e.jpg


削る材(米ヒバをラワンに固定)のラワン部分を平面に削り、削り台の密着度を向上させます。
(一番上が米ヒバ、中央がラワン、下が削り台で、赤い矢印の部分のことです)
blog_import_535b7256c8b4b.jpg


感覚的なことですが、鉋刃を木槌で入れていく際、刃の先端側の密着度が悪いような気がしていました。
刃の固定がゆるいこともないので、刃の先端以外の部分が鉋台と当って固定されている感じなのです。
刃の先端部分の固定を向上させようと、0.080mm(80ミクロン)の紙を張って試してみることにしました。
blog_import_535b72575e6af.jpg


表なじみを調整したので、刃が移動して、刃口は、0.1mm以下になっています。
blog_import_535b7257bdb5c.jpg


おおっ~、やっと、削れてきました。
何が効いたか分かりませんが、紙を貼った表なじみの調整が影響していると思います。
紙一枚が、これほどまで削りに影響するとは思っていませんでしたので驚きです。
blog_import_535b72581fec1.jpg


引きも軽くなって、一枚刃で20ミクロンを切れそうです。
やっと、一枚刃で削れるようになってきて、ホッとしています。


気分が明るくなって、俄然やる気になってきました。
しかし、手の掛かる鉋やなぁ・・・・・

スポンサーサイト


| 21:30:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
No title
研究熱心ですね、しかし研究した分が成果となって
表れてくるので楽しいですよね。
やはり、鉋刃がちゃんと面で固定されていないと
刃が材に当たった時に微妙に動いてしまうのでしょうか?
自分が調整する時の参考にさせていただきます。
2011-01-29 土 22:41:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
acanthogobiusさん、おはようございます。
仰るように鉋刃(特に刃先の方)が面に固定がされていないため、刃が材に当たった時に微妙に動いてしまっていると思います。
今までは、鉋刃の幅を使って固定されていたと推定しています。
また、今まで二枚刃にしたら削れていたのは、裏金の刃が効いているのではなく、押さえ棒などで単に鉋刃の固定度が向上していただけかと思います。
なかなか、奥が深いですね。
2011-01-31 月 07:04:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。