■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
今日からは、寸八

どうしても寸四で、調子が出なくてストレスが溜まってきたので、気分を新たに寸八で再挑戦することにしました。
(すぐに諦めて投げ出してしまう悪い癖もあります)


寸八は、前々から研ぎ直している「健明」しかありませんので、あれこれ考えず、この鉋だけに集中できます。


気合を入れ直して、キング#1000で平面出して、黒幕#2000、エビ#8000、天然砥石で研ぎました。
台も調整して、再挑戦です。


相変わらず、刃の欠けか、合せ砥石での研ぎが不足か、途中で割れてしまいますが、徐々に薄くなってきました。
blog_import_535b7207c59cf.jpg


blog_import_535b7208300e6.jpg


そして、測定結果は。。。14ミクロン
blog_import_535b72087dc12.jpg


部分的には11ミクロンもありましたが、おおむね14~18ミクロンで、20ミクロンを切ってきました。


まだ、これの半分にしないといけません。はぁ~。


 


削る技術が低いので、何回か削っていると、木の方が凸になったり、凹になってきて、長い削り屑が出にくくなってきました。
長台鉋の4点つきで直さないといけないのでしょうね・・・
長台鉋持っていないので、困っています。 きりがないですね・・・(笑)


おやすみなさい。

スポンサーサイト


| 01:38:30 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
No title
こんにちは、WAKUさん。
お~!かなり薄くなってきましたね。
きれいな削り華です。
割れるということは、細かな欠けが刃に残っているんでしょうね。
それとキング#1000を使えば黒幕#2000は必要ないと思います。番手は細かくなりますが、さほど変わりはないと思います。
私も何回か削っていると、削り面の凹凸ができるときがあります。(大抵は下端の調整不足ですが・・・)そんなときは長台で削って修正しないとなりません。私の長台は3点付きです。刃口の上はぎりぎりつけていません。佐世保の師匠はさすがにきれいに4点付きにしていらっしゃいます。
一桁の壁があり、もう少し先にも壁がありとこれからは、刃で1ミクロン、台で1ミクロンとつめていかなければなりません。一流と呼ばれるにはシックネスをゆっくりおろして4ミクロンくらいを出さないといけません。
WAKUさんならきっとできると思います。
下手なくせに、先輩面していろいろ申し上げてすいません。
がんばっていらっしゃるWAKUさんを見て、どうしても応援したいのです。おせっかいかもしれませんが、お許しください。
2010-12-21 火 07:02:00 | URL | 萩原 [編集]
No title
すごい!
薄くなってきましたね^^
2010-12-21 火 07:30:00 | URL | ぽーる [編集]
No title
ぽーるさん、こんばんは。
いつも見ていただいて、ありがとう。
励みになります。
寸八でも、少し薄くなってきましたので、嬉しいです。
2010-12-21 火 22:38:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
萩原師匠~!こんばんは~。
いつも丁寧に教えていただき、とても感謝しています。普段、うす削りで周囲に聞ける方がいないので、一言一言が嬉しいです。
キング#1000を使えば黒幕#2000は必要ないのですか?そうか・・・キングは柔らかいので、砥石の平面を保ちにくいです。次回は黒幕から開始するようにしてみます。
下端の調整不足と鉋掛け下手のダブルパンチで、凸になってしまい、修正を心がけたのですが、ますます平面から遠ざかってしまいました。
調整が難しそうですが、長台が欲しいです。
ということは、長台にも挑戦しないと先が見えないですね。課題ばかり山積して、ゴールが見えません(笑)
長台は、寸八が良いのでしょうね?
一桁の壁、なかなか遠い道のりです。
仰るように、焦らず一歩一歩進んで行くように心がけます。
実は、萩原さんが研いでいた姿がカッコよかったので、いつも頭に浮かべながら研いでいます。萩原さんの研ぎ方のように、ビシッとした感じになりません。
こちらこそ、お忙しい中、毎回のように教えていただいて、なんとお礼を申したらよいのか・・・
これからも、よろしくお願いいたします!
2010-12-21 火 22:55:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
平鉋で削って凸面が気になる精度なんですね^^
長台ははじめての台打ちで寸六のを作りましたが、下端等、使用できるところまで調整出来てません^^;
長台だけに松井のストレートエッジより長いので木製下端定規を使用しないと下端の平面が確認出来ません。
学校からの借用品のがありますが、自分のも欲しいなぁと思う今日この頃です。
寸八の長台も必要ですね。
学校に居るうちに刃を入手して台打とう♪
台打ち正月といきたいところなんですけど、帰省するのでなかなか時間取れそうにないです^^;
2010-12-22 水 00:59:00 | URL | ぽーる [編集]
No title
佳境に入って来ましたね。
写真でも薄くなっているのが分かります。
ところで、私は鉋を掛けた板の方に興味があるのですが、薄く削れるようになって、板の表面には
何か変化が見られますか?
見た目や触った感じなど、変化があれば教えてください。
2010-12-22 水 13:15:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
ぽーるさん、こんばんは。
鉋の掛け方が下手で、相当凸になっています。削っていくと凸を過ぎた所で鉋の角度が変わるので、削り屑が切れてしまいます。
長台の台打ちをされていたとは、さすがです。
そうか、長い下端定規も必要になるのを忘れていました。なにかと道具を揃えるだけで大変ですね。
四国へ帰省されるのですね。
良いお正月をお迎えください。
2010-12-23 木 23:47:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは。
佳境というより、ようやくスタートラインに立てたような気分です。
仰るように、削った材木の方が大切ですね。
今まで、削った材木の様子を見るだけの余裕がありませんでした。
米ヒバとヒノキの柾目を削っているのですが、30ミクロンと15ミクロンで削ったのを比較しても残念ながら、違いがわかりません。
強いて言うなら、指を滑らせた時、15ミクロンの方がしっくり(しっとり)するような気がします。
逆目とか、幅が広い材料だともう少し変わるような気がしますけど、また、分かってきたら報告いたします。
2010-12-23 木 23:58:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。