■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
熱が冷めないうちに

作品も作りたいのですが、鉋のことばかり考えています。
当然ながら思ったように上手くは削れないため、頭の中で原因を考えては、鉋の下端を調整して、砥石を調整して、刃を研いで削ることの繰り返しです。
落胆することもあれば、気持ち良いときもあります。単純なことの繰り返しですが、楽しいです。
ただ、一つの作業台で、下端調整、研ぎ、削りをしているので、作業性がとても悪いです。


それに下端を削りすぎて刃口は広くなってしまうし、裏を出そうとして削りすぎて糸裏でなくなってくるし、想定できなかったことが出てきています。何かコツをつかもうと一生懸命していますが、結果が出ません(笑)


あくまで、素人のイメージですが、これからの課題をメモしておきます。
①砥石の平面修正。とにかく平面と心の中で言いながらやっていますが、修正用の砥石を持っていませんので、手持ちの砥石で修正しても平面になってくれません。修正用砥石を購入してみます。
②砥石の粒度を換えるとき、しっかり洗い流すこと。研ぎ場が欲しいです。
③削るためのヒノキと米ヒバを入手したいです。
④マイクロスコープとシックネスゲージ。どこかに落ちていないかなぁ。
⑤研ぎやすい薄削り用の寸八が欲しい。使ったことはありませんが、白紙が良さそうな気がします。どうなんでしょうね。もう少し検討してみます。
⑥刃口を埋めてみたいです。
これ以外にも課題山積です。まぁ、焦る理由もないし、時間とお金もありませんので、ボチボチやっていきましょう。


普段使っている小鉋
blog_import_535b71de85a5b.jpg


鋼匠 四寸
blog_import_535b71df10644.jpg

調子が出てくる頃には、切れ止んでしまいます。
多分20μ弱位と思いますが、よく分かりません。
今日の午前中、調整しましたが、これ以上向上しないので、午後は八寸にチャレンジしました。
この「健明」は譲って戴いた鉋ですが、所有していた方が普段使いされていたと思います。
刃の両端がやや削ってあり鉋枕が出にくいようになっていましたので、今日は2時間も研いで、平面の刃に戻していました。
試しに削ってみました。
先日下端を調整していただいたこともあって思ったより、軽く削れます。
blog_import_535b71df74af5.jpg


鉋は夜でも作業できて良いのですが、気が付くととんでもない時間になってしまうのが難点ですね。(笑)
一つ一つ楽しみながら、やっていきたいです。


改めて写真を見ると、一番安価で、酷使している普段使いの小鉋が一番薄いような・・・・ ・・・

スポンサーサイト


| 23:47:11 | トラックバック(0) | コメント(10)
コメント
No title
初めましてこんにちわ。
鉋面白いですよね。
マイクロスコープについて、今持ってるのがコストパホーマンス良いなと思っているのでコメントさせていただきました。
コンテックという会社が出しているマイクロスコープです。
アマゾンで1457円で60~100倍です。
私も薄削り用の鉋欲しいなぁと思いますが、全然腕がついていってません^^;;
ブログ楽しみにしてます♪
2010-12-05 日 01:40:00 | URL | ぽーる [編集]
No title
こんにちは、WAKUさん。
毎日コツコツとがんばっておられますね。
この調子だと、すぐにうまくなりますよ。
次にお会いするときが楽しみです。
やっぱり一人でするより二人・三人・・・と
たくさんでしたほうが楽しいですし、いろんな話ができますね。
課題①はアトマで解決できるのではないでしょうか。平面も大切ですが、使用するどの砥石も同じ形にしないと、刃に当たる所と当たらない所ができてしまいます。
③は私も同じで、近頃は腕が悪いのを棚において、材料のせいにしています。こればかりは削らないとわからないので、難しいです。
④は両方持っていますが、あまり使っていません。
どちらも高額ですので、それならちょっとした天然砥石を私ならお勧めします。
↑の方がおっしゃっているもので、充分かもしれません。
⑤はいろいろありますからね。親方や手柴さんなどと相談してください。10万の鉋が2万の鉋の5倍切れることはないです。WAKUさんは寸八はあまり使われないでしょうからね。
⑥の刃口は鉋台の要です。刃口が広いと調子が出しにくいです。私も九州の名人の方に鉋を見てもらって「刃口が広すぎる」といわれました。四国の名人にも同じ事を言われました。やはり肝心なところなんでしょう。
私もすぐに結果が出ずにイライラした時期もありましたが、気付いたころにうまくなっている感じです。ボチボチやってください。またの鉋談義楽しみにしています。
2010-12-05 日 08:56:00 | URL | 萩原 [編集]
No title
鉋だけに集中できる時間が作れると良いですね。
私は薄く削ることには興味がありません、また作品で針葉樹を
使うことは無いので、針葉樹は必要無いですね。
私の目標があるとすれば、広葉樹の天板を平に削れること、でしょうか?
あくまで、作品作りの一つの道具として考えてます。
まあ、針葉樹を薄く削ることができらば、広葉樹は楽、という
考えもあるでしょうが。
頑張ってください。
2010-12-05 日 10:47:00 | URL | acanthogobius [編集]
No title
WAKUさん完全にはまってしまいましたね、
凝り性だからもうすぐ10ミクロンの壁を越えれるとおもいます。
まずは砥石の平面を保つためのアトマの入手が必要かな?
これだけあれば確実にもう一段上に上がれるとおもいます、
私もあれから鉋を毎日のように触っています、
お互いにがんばりましょう。
2010-12-05 日 22:36:00 | URL | おやかた [編集]
No title
ポールさん、こんばんは。
はじめまして。
最近、鉋にハマっています。分からないことが多くて試行錯誤ですが、楽しんでいます。
マイクロスコープの紹介ありがとうございます。
これなら、入手できそうです。
覗いて落ち込むのが怖いけど・・・(笑)
ポールさんのブログを拝見しました。
四国から長野に行って、勉強中とは本格的ですね。
また、色々教えてください。
これからも、よろしくお願いいたします。
2010-12-05 日 23:14:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
萩原さん、こんばんは。
専門的でありながら丁寧なアドバイス、ありがとうございます。
しっかり、頭の中に入れました。
刃口は鉋台の要と言えるレベルまで到達したいです。
次にお会いする時までには、がんばってレベルを上げてみせます(意気込みだけは高いです)
よろしければ一つ質問させてください。
「削る材木の幅は決まっているのでしょうか?」
先日、測らせてもらえば良かったなぁ。
削る台や研ぎ台高さ、色々忘れたことが一杯出てきました。次のチャンスを狙います。
2010-12-05 日 23:25:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
acanthogobiusさん、こんばんは。
広葉樹の天板を平に削るのも難しいですね。
板接ぎした天板や1枚板の天板を綺麗な平面に削れると木工の幅が広がりますね。
薄削りを通じて皆さんと楽しみながら、鉋と刃物の研ぎの苦手意識を無くそうと思っています。
僕の最終目標も、天板削りかもしれません。
最近、鉋のことが前面に出ていますが、今しばらく、暖かい目で見てやってください。
2010-12-05 日 23:34:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
おやかた、こんばんは。
皆さんにハメられました。年末の忙しい時期に一人で鉋と砥石を触って、ブツブツ・・・。
すがる気持ちで、いや、おやかたの言葉を信じて、アトマに期待します。
早速、てしばさんにメールしよっと。
2010-12-05 日 23:42:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
こんにちは、WAKUさん。
材料の幅は一寸八分(54~55ミリ)です。
別にこの幅でなければいけないことはありません。
一寸五分くらいのを削っている方もおられます。
ほとんどが米ヒバかヒノキです。
単に数値が出やすいからだと思います。
↑にも書いてありましたが、大津にお知り合いがいらっしゃるとの事ですね。私の叔父も大津絵を習っています。近くへお越しの際は遊びに来てください。
2010-12-06 月 07:43:00 | URL | 萩原 [編集]
No title
萩原さん、こんばんは。
初歩的な質問に回答いただき感謝です。
そうか、それで寸八というのでしょうね。
すなわち、一寸八分で寸八。
謎が解けたようで、すっきりしてきました。
すみませんレベル低くて・・・(笑)
親戚の叔父さんは、湖西市在住ですので、機会があれば、是非立ち寄らせていただきます。
2010-12-07 火 00:09:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。