■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
製作過程を振り返る ③

幕板の加工です。幕板は、厚13mm、幅56mm。
今回は、幕板4枚+脚4本ということで、使用する部材は、必要最小限の8個です。
貫を入れないので、8個の部材を組立てた時の強度が大変重要になると思います。以下の①~③で、強度を確保することにしました。


①ホゾは、脚の中の幕板が重なる部分で3枚の組み継ぎにする。
②木殺しを慎重に行った上で、ややキツ目の嵌め合いとする。
③胴付き部分を脚に完全に密着させる。


②のホゾ加工寸法ですが、ホゾ穴に対して、幅は+0.1mm、長さは+0.6mmとしました。
blog_import_535b7052d9ebb.jpg


テープ巻きですので、幕板の上面は4本揃える必要はありません。
むしろ、前後の幕板は、左右の幕板に対して低く配置するか、大きなRで中央部分を下げた方が、座り心地が良いと思います。
今回は幕板の上部分を大きなRで切り、反り台鉋で仕上げました。
幕板だけで仮組みしました。
blog_import_535b70533e261.jpg


この幕板にテープが巻かれます。
ベストな面取り寸法が分からないので、適当に0.5mmの面取りにしました。
上面のRはできるだけ大きな方が、テープを巻きやすいと思います。
幕板の表面は手鉋で仕上げていません。やや荒れていた方が、テープがずれにくい?と思ったからです。


一気に8個の部材を組みました。
使用ボンドは、おすそ分けしていただいた「タイトボンドIIイクステンド」です。
念のため、クランプはしていますが、クランプしなくても胴付き部分がピッタリ付いていい感じでした。
blog_import_535b70539034a.jpg


続く・・・・・

スポンサーサイト


テープ編みスツール | 00:04:37 | トラックバック(0) | コメント(5)
コメント
No title
ハイ(^-^)/ こんばんは~
やっぱり・・・こうなっちゃいましたか・・・
名古屋で感じたもの満載のスツールですね!
よく消化されて自分のものにされてます
さすがやねぇ~でも、見るところは結構似てた?
(*´pq`)クスクスッ
細い脚にホゾ内での組みも考え、利かせ具合も自分に言い聞かせるように数値で明言化し、なんとなくでない、意識を持った加工組み立てが行なわれてます
恐れ入りました~
まだ、今のσ(・_・) ワタシには環境的にこの精度を出せるほど整ってないし・・・まだ、ホゾホゾ穴だって・・・組めない・・・早く角ノミとテノンジグ出さんとネ・・・
あせるあせる~ (;^_^A アセアセ・・・
2009-06-18 木 01:16:00 | URL | きすべ~♪ [編集]
No title
タイトボンドⅢに比べるとExtendはさらさらと流れがもっとよく、垂れやすい?初期硬化はⅢが8分でExtendが15分です。組が多くなると今から暑くなるのでⅢはきついですね~その中間的なものでキャビネットメーカの糊があります。
胴付ぴったりでしたか~(o^-')b グッ!
プロの方はどれほどこの胴付の加工に精をこめられているか名古屋で感じた次第です・・・ま、基本やネ・・・トイエルヨウニガンバリマス・・・ワタシ・・・
次回レポート楽しみにしています。
ではでは!!
2009-06-18 木 01:17:00 | URL | きすべ [編集]
No title
ホゾ穴に対して幅で効かせてはダメと訓練校で習いました。ですので、+0.1は不要じゃないでしょうか。ホゾ側の幅を少しでもホゾ穴幅より大きくすると、ホゾ穴側の繊維を簡単に引き裂く恐れがあり、ノギスで測ったことはないのですが、同じかあるいは、0.1mm位小さいのではないでしょうか?逆に小さいほうが接着剤のたまりができ、より強固に接着できますよ。
いつも言われていることですが、ホゾ穴を上にして床に置き、ホゾを差し込むと抵抗なくスーっと入り、そのままホゾ側のみを持ち上げると、ホゾ穴側が一緒に持ち上がるのがベスト、と言われています。
2009-06-18 木 13:50:00 | URL | 松本 [編集]
No title
きすべ~♪さん、こんばんは。
怒涛のコメントありがとうございました~(笑)
ホゾ加工は、そんなに構えなくても、そこそこできますよ。
気楽にいろんな木でホゾを沢山作って、経験するのが楽しいかと思います。
実は、早く仕上げたかったので、初期硬化時間15分を硬化時間と勘違いして、タイトボンドを使いました(恥)
胴付きにこだわることは、加工精度向上、デザイン性向上、強度向上といい事尽くめですね。
2009-06-18 木 21:41:00 | URL | craft WAKU [編集]
No title
松本さん、こんばんは。
我流の木工ですで、以下はあくまで個人的な考えで間違ってるかもしれませんが、
仰るようにホゾ穴の幅に対して、ホゾの幅を効かせてはいけないのが基本と思います。脚が細いので割れる恐れは大きいです。
しかし「貫」無しのスツールでは、ホゾの部分に加わる力は非常に大きいと思い、いつものホゾ以上に考えみました。+0.1mmは木殺し前の寸法で、木殺しで-0.2mm狙いました。この方向の木殺しの必要性の有無は良く分かっていませんけど・・・
ホゾ部分に加わる力や、使用する材木によって、匙加減が必要と思っています。ホゾ加工の目安にはなりますが、加工寸法を決めつけてはいけないように思いますが、どうなんでしょうね。
ホゾ加工だけでも色々話し合えて楽しいですね(笑)
2009-06-19 金 00:39:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。