■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
三角机 17 (クサビの作り方)

僕のくさびの作り方です。
木の工房「花みずき」手柴さんの方法を参考にさせていただいています。


DELTAコンストラクターズソー(のこ盤)を使用します。
マイタゲージを3度にセットしています。
一回切るたびに材料をクルッと回して上下面を逆にして切っていくと、6度のクサビができます。写真の黄色線、青色線の順番に切ることになります。


右の板は、位置決めです。
赤いインサートは、購入から付いているもので、チップソーとの隙間が大きいため、切断したクサビが入ってキックバックのようになり危険です。
紙テープをインサートに張って、隙間を小さくしています。

スポンサーサイト


三角机 | 23:41:34 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
No title
なるほど。この方法だと、板材を木目と直角に木口カットしたときに出る端材も有効利用できますね。参考になりました。
2007-06-18 月 19:43:00 | URL | maru [編集]
No title
こんばんは、松本です。
なるほど、いろいろな方法がありますね。比較するわけではありませんが、精度はmaruさん、工作時間はWAKUさんというところでしょうか。でもどちらも捨てがたいです。
ところで、刃口のインサートですが、下でも書きましたが、紙テープのアイデアは素晴らしくこれは使わせてもらいます。
刃の両側は隙間無く埋めるのが安全とバリを出さないためにも、時間があるときにインサートを木で作り直したらいかがでしょう。
2007-06-18 月 21:46:00 | URL | 松本 [編集]
No title
>maruさん
鋭いですね。もちろん板材を木目と直角に木口カットしたときに出る端材を使っています。
この方法が多いので、板材の端材が捨てにくい状況になっています(笑)
>松本さん
紙テープと書きましたが、実際は包装用のガムテープの大きさで紙でできた(表面がツルツルしたものを3cm位の幅に切って使っています)ものです。
刃口をふさいでいますが、薄いクサビが入ってしまわないようにしています。
2007-06-18 月 23:10:00 | URL | craft WAKU [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。