■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
少しだけ、カトラリー製作
捨てるのを忘れていた栗の端材で、木ベラを作ってみました。
DSC_8429.jpg

丸ノミと小刀で削りましたが、表面がガタガタです。
DSC_8479.jpg

反り台や丸鉋の刃を使って仕上げます。
DSC_8489.jpg

このような端材は、木ベラになります。
DSC_8558.jpg

2本目です。
DSC_8569.jpg

3本目です。
DSC_8494.jpg

DSC_8596.jpg

自宅で使ってみます。
自ら、台所で使ってみました。
そこそこ自宅で使えると思います。
今回の仕上げは、クルミの実ですが、柾目の部分が毛羽立ってしまいました。
仕上げについては、これから考えていきます。
DSC_8747.jpg

嫁さんからの要望で、桑の端材を使って茶匙を作りました。
DSC_8690.jpg
DSC_8713.jpg

お茶の缶が茶葉で一杯でも、缶の中に入れやすいです。
DSC_8741.jpg

山桜の端材で、匙を作ってみました。
DSC_8464.jpg

DSC_8434.jpg
DSC_8462.jpg

彫っている間は、時間があっという間に過ぎていきます。
たまには、カトラリー作りも楽しいですね。


スポンサーサイト
その他 | 22:23:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
ステンドグラスのフレーム
ステンドグラスのフレームを作りました。
ウォールナットのフレームです。
フレームの幅を50mmにするご要望で、高級感と存在感が出たように思います。
赤色のガラスが深い色ですが、写真では、難しくて上手く写りませんでした。
DSC_8315.jpg

春らしく、山桜を使いました。
あえて節の部分を使って、冒険してみました。
気に入っていただけて、よかったです。
DSC_8327.jpg

床柱の端材を切って、ステンドグラスの台にします。
DSC_8386.jpg
DSC_8387.jpg
DSC_8403.jpg

色々やっています。



ステンドグラス | 21:56:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
葡萄のフレーム
葡萄のフレームが完成しました。
白い部分は、ガラスでは無く、鏡なので、撮影しにくいです。
コピー (1) ~ DSC_8339

今回は、四隅に三角形の板を入れて、新しいデザインになりました。
DSC_8166.jpg

鉋で仕上げます。
DSC_8168_20170208213243417.jpg

DSC_8172.jpg

最近、面取り鉋も活躍してくれます。
DSC_8179.jpg

白い部分は栗材で、コーナーはウォールナットです。
DSC_8347.jpg



ステンドグラス | 21:36:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
CD額が完成しました
虫食いの栗で製作したCD額が完成しました。
     DSC_8111.jpg

CDのジャケットは、中央にありませんので、トリマーで額の裏側の掘り込みをオフセットしています。
DSC_8006.jpg

コーナー部分は、鑿で直角に仕上げます。
DSC_8010.jpg

DSC_8021.jpg

カンザシを入れて、鉋で仕上げます。
小さい額で強度はそれほど必要ないのですが、デザイン的に手を掛けています。
鉋は、舟弘さんの座右で、切れを楽しみます。
DSC_8008.jpg

6個の額が完成しました。
虫食いの材料で2個作ってあります。
自然な感じで、これはこれでマッチする空間があると思います。(ログハウスには合わないようです(笑))
塗布するオイルを色々変えてみましたが、どれに何を塗ったのか?飲みながらやっていたので分からなくなってしまいました・・・・。
DSC_8076.jpg
DSC_8077.jpg
DSC_8078.jpg
DSC_8079.jpg
DSC_8080.jpg
DSC_8081.jpg
DSC_8089.jpg

今回は、試作品ですので、何点か改良したほうがよい所もありそうです。
次回作る時は、今回の額をたたき台にして、グレードアップしたいものです。


額縁 | 17:30:10 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。