■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

かね庄の再生 8 削り納め

今日は大晦日。


削り納めとして、かね庄の刃を研いで削ってみました。
最初からヒノキを削る自信がないので、米ヒバを使います。
blog_import_535b77b226037.jpg
こんなボロボロの状況でも、鉋屑が、出てきてくれたので、嬉しくてホッとします。


刃を研ぎ直して、再度削りました。
blog_import_535b77b281195.jpg
なんとか、削れてくれました。


時間も技術も無いので、今日の薄削りは、これが限界でした。
blog_import_535b77b30bfc3.jpg

削った感触は良かったので、ヒノキも最後に削ってみました。
blog_import_535b77b361072.jpg

10~13ミクロンと超薄削りには、ほど遠い状態ですが、来年じっくり仕込んで再挑戦したいと思います。


今年もあと僅かになりました。
無事に一年間、鉋や薄削りを楽しむことができました。
また、今年も多くの方々と巡り合うことができまして、とても幸せな一年となりました。
ありがとうございました。


来年も、鉋や薄削り、木工を楽しもうと思います。
それでは、良いお年をお迎えください。



スポンサーサイト
鉋 金井 かね庄 | 16:42:08 | トラックバック(0) | コメント(6)
かね庄の再生 7 鉋台再生

朝から一日中、雨降りでした。
予定していた大掃除も家族全員の気分が乗らず、明日に延期となりました。


・・・・と言うことで、地下工房に篭り、鉋台の再生をしていました。
blog_import_535b77acb116d.jpg

コバ部分にもパープルハートを貼って、いつものパープルハート台のように見せています。
blog_import_535b77ad53fca.jpg

台の幅ができるだけ狭くなるように、コバ面のパープルハートの厚さは、1.0~1.5mm程度です。


blog_import_535b77adc652b.jpg
下端の様子です。


blog_import_535b77ae36cb3.jpg
刃口は、デジカメ写真に写らないくらい狭くしてあります。
今まで台を何度か打ちましたが、いつも鉋屑が出なくて、広げてしまいます。


明日は、下端を調整して、試し削りの予定です。
時間が取れない場合は、年を越してしまいますが、焦っても仕方ないので、ボチボチやります。


 



鉋 金井 かね庄 | 21:26:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
かね庄の再生 6 鉋台再生

年末で時間がとれず、製作が思うように進みません。


現在の状況です。
blog_import_535b77a745e3c.jpg
上面はパープルハート、中央はプチ積層台の再利用、下は白樫です。

blog_import_535b77a7af68d.jpg
表馴染みの調整を失敗していまして、ユルユルです。(笑)
エポキシのお世話になる予定です。


blog_import_535b77a821dd6.jpg
下端の様子です。
blog_import_535b77a88a160.jpg
刃口の幅は、0mmとクリアランスがありません。
刃口を仕上げるときも失敗しそうな予感がしています。


こんな台で、削れるのかなぁ・・・・・(笑)



鉋 金井 かね庄 | 22:34:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 5 鉋台再生

毎晩、工房内が寒いです。
ここの所、年末で忙しいのですが、思い立ったことを兎に角、やってみることにしました。


まず、パープルハート、白樫を1分の厚さに挽きました。blog_import_535b77a2d3fd1.jpg

左から、なんちゃって積層台、プチ積層台、パープルハート1分厚4枚、白樫1分厚2枚、良い発色をしたパープルハート台の材料です。


この中で、プチ積層台、パープルハート1分厚、白樫1分厚を使います。
パープルハートは化粧用、白樫は下端用です。


下端用の白樫をプチ積層台に貼っているところです。blog_import_535b77a370426.jpg

上の写真では、何やっているのか分かりませんね。


すみません・・・・。


ボチボチ焦らず進行中です。



鉋 金井 かね庄 | 23:17:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 4 鉋台

刃を再生した「かね庄」ですが、一緒に送られてきた2枚刃の古い鉋台に入れて削っても、全く上手く削れない状態が続いていました。
削っていてもザラザラした感じで、軽く引けないので、台を変えることにしました。
blog_import_535b779d3d1a3.jpg

新しく台を打とうと、右側のパープルハートの材料を切り出していましたが、ひょっとすると以前に打った台が使えそうな気がしたので、持ってきました。blog_import_535b779da985d.jpg
左が「かね庄」で、右が以前に打った「廣道」です。


2枚の白樫を張り合わせた、プチ積層台です。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=4496661

「廣道」が、全く切れてくれず、最近はお蔵入りしていました。(笑)
ただ、下端の狂いは少ないので、なんとかしたいと思っていました。


この台に「かね庄」を入れると、少し表馴染みのカーブが合わず隙間が開いていますが、どうにか削れそうです。blog_import_535b779e28ebe.jpg

早速、苦戦している桧を削ってみました。blog_import_535b779e8a0e4.jpg

いつもの事ながら、切れ止んできていますが(笑)、引いた感触は向上しています。


新しく台を打とうと思っていましたが、「廣道」の刃をあきらめて、このプチ積層台を「かね庄」に合うように改造して楽しむことにします。


早速、樫の木を加工しようとしたら、バンドソーのゴムローラーが出てきてしまいました。blog_import_535b779f0cca0.jpg
以前、上のゴムローラーが劣化して切れたのですが、今回は下側のローラーです。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=3985497


ゴムが相当劣化して、バキバキになっていました。
ハァ~、、下側のゴムも直さないと・・・・・なかなか思うように進みません。


 



鉋 金井 かね庄 | 18:24:59 | トラックバック(0) | コメント(2)

まだ、先日入手した桧が思うように削れません。
引きが重い桧を削る感触には、少しづつ慣れてきましたが難しいです。

年末が近づいて慌しいのですが、「座右」を使って削ってみました。
blog_import_535b779915fd8.jpg

削り台の上の乱雑さが、最近の苦悩を物語っています。(笑)


ようやく下端の調子が出てきたと思ったら、刃が切れ止んでしまい、厚さを計測しても★■▲です。
blog_import_535b77997b1da.jpg


最近、桧を削る度に技術の無さを痛感しています。

自信が無くなってきましたが、もう少し頑張ってみます。



薄削り練習 | 23:58:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 3

やはり削りたくなって、かね庄と一緒に送られてきた台に入れて、試し削りしてみました。
台は新しく打つ予定ですが、年末で忙しく時間がありません。


blog_import_535b7793d6ddc.jpg

下端をササッと調整しました。
刃口は、約2mmと開いているのが気になりますが、試し削りということで続行します。


blog_import_535b77943c99e.jpg

まずは米ヒバを削りました。
引いていると、ドンドン食込んでいく感じで、厚くなります。


blog_import_535b779499725.jpg

薄削りにも挑戦しましたが、今二歩の感じです。


blog_import_535b7794f3e6b.jpg

米ヒバの光沢も、金井らしさが今一歩出ていないような気がします。


blog_import_535b779557134.jpg

檜も削ってみましたが、これくらいが限界でした。


もう少し、じっくり研いで、下端も調整しないといけませんね。



鉋 金井 かね庄 | 23:25:07 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 2

裏出しと裏押しを繰り返しました。
blog_import_535b778d5305e.jpg

少しですが、裏が出てきました。
錆の跡が写っています。


blog_import_535b778db8073.jpg

鎬面をダイヤモンド砥石で研ぐと、裏出しした部分は、砥石に当たらず最後まで残ります。

blog_import_535b77898072d.jpg

裏出しを繰り返します。

blog_import_535b778e772ea.jpg

やっと、一本の裏が出てきました。

気のなるのは、錆の跡ですが、先日の写真から拡大写真を定点で撮影してみました。
blog_import_535b778ed7815.jpg



blog_import_535b778f499df.jpg


blog_import_535b778fb01f1.jpg


blog_import_535b7790216b7.jpg


少しづつですが、錆の跡が無くなっていきます。


ボチボチやっていますが、年末は忙しくて、思うように進んでいません。



鉋 金井 かね庄 | 21:02:23 | トラックバック(0) | コメント(4)
かね庄の再生 1

刃の汚れを取って、裏すきをミニルーターで修正しました。
その後、#2000で裏を軽く研いでみました。
blog_import_535b7788b8063.jpg


予想通り(って言うか、分かっていましたが)、刃の中央部分が完全に裏切れています。


更に上の写真では分かりにくいのですが、裏切れしている部分には、錆によって侵食された穴が沢山あります。


拡大するとこんな感じです。
blog_import_535b778928c65.jpg

右上の光っている辺りが、裏が切れる部分です。
コレハヒドイです。
こんな刃が使い物になるのかよく分かりません。


WAKUの腕で、再生できるか不安もありますが、まずは、裏出しからやっています。
blog_import_535b77898072d.jpg


いつものことながら、裏出し、ヘタやなぁ・・・・・(笑)


まっ、気長にボチボチ楽しみながらやってみます。



鉋 金井 かね庄 | 12:35:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
金井 かね庄

先日、オークションを見ていて、年末のドタバタに紛れてポチッとしてしまいました


切られた、「大和かね庄」は聞いた事がないのですが、初代「金井」と信じて、思ったより高かったのですが、年末の勢いで、つい・・・・・・(笑)


届いた刃を紹介します。


blog_import_535b7781794f9.jpg


blog_import_535b77823563e.jpg

刃の長さはあるものの、裏の状態は、錆と裏切れで予想していた以上に厳しそうです。


blog_import_535b778293134.jpg

昭和37年6月26日とすると、金井芳蔵さんが57歳頃でしょうか。


blog_import_535b77830ba6c.jpg

左下の芳蔵の刻印です。


blog_import_535b7783a3bb5.jpg

上の写真は現在使用している「金井」の刻印ですが、少し異なるように感じます。


blog_import_535b778439fcb.jpg

登録の刻印です。


blog_import_535b7784c15fc.jpg

これも、現在使用している「金井」とは、異なるように思います。


これから、この刃を再生します。



鉋 金井 かね庄 | 23:10:58 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad