■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
天然砥石の刃先研ぎ

天然砥石を使った刃先研ぎは、時間も掛かるし、薄くならないと思い込んでいました。


今日は、いつもの横坂正人氏の「楽仙」で試していました。


裏を硬い天然砥石と砥クソで研磨した後、中砥としてシャプトン刃の黒幕#2000で研ぎ、刃先をゼロベース(刃返りはありますが・・)から、やわらかそうな天然砥石で刃先して試しています。(それでも薄く刃返りは若干あります)


その刃の状態で、2~3回米ヒバを20~30ミクロンで削ると、削り材の表面に艶が出てきて、切れてきます。


いい感じで、鉋掛けできています。
blog_import_535b760f84b29.jpg


blog_import_535b76101286d.jpg


測定すると
blog_import_535b761084366.jpg


不思議なことに、従来の感覚で、推測する厚さより、20~30%薄く計測されます。


ただ、測定(シックネスゲージの当てる強さ)方法によって、数値の差が大きく、3~12ミクロンでした。


これは、刃が切れていないし、材料も悪く、削り屑が毛羽立っていることが考えられます。


少しずつ、向上していこうと思います。



スポンサーサイト
薄削り練習 | 23:45:21 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。