■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

・・・

ご訪問いただきまして、ありがとうございます。


誠に申し訳ございませんが、一週間ほど、業務都合でお休みさせていただきます。


帰国しましたら、再開しますので、皆様その間に上達しておいてくださいね(笑)


                                                                    craft WAKU


【長台 一芳】 ・・・・・・ 4点付き


blog_import_535b76375ab33.jpg



スポンサーサイト
未分類 | 23:23:57 | トラックバック(0) | コメント(3)
落ち着かない一日

朝から、愛車?を駆って・・・・・・・


ログハウスまで、あと少しの所で・・


のんびりと休憩・・・・・・・・


    blog_import_535b763287a51.jpg


・・・ではなくて、止まってしまった。


 


結局・・・・・・


blog_import_535b7632e0293.jpg


あ~、異音がしてたのに、無理して走らせた自分に反省。


SUNNY ゴメン!


たぶん、セルモーター系の故障と思いますが、部品が無いかも・・・


朝から、心はブルーです。


来週は、ハードな出張なので準備したり、夕方は、同級生が初めて訪ねて来てくれて、話を聞いていると鉋も好きそうなので、一緒に削ったりで(これは楽しかったのですが)、ドタバタと一日中、心が落ち着きませんでした。


 


こんな心がブルーで落ち着かない日に鉋を触らなくても・・・・と思いながら、
砥石の面直しはしたと言うものの、「忠次」では、埒が明かずに
blog_import_535b76333b37c.jpg


困ったので、「金井」を登場させてみましたが、
blog_import_535b7633961fb.jpg


説明不要な、出来栄えで、益々凹んでしまいました。


心が落ち着かない日は、鉋を触っても無駄ですね。



日常 | 23:25:37 | トラックバック(0) | コメント(10)
原点回帰

薄削りの技能や技術は、ほとんど書籍や本に載っていないのですが、永久保存に匹敵するような貴重な技術的コメントを沢山いただきまして、感謝します。
レベルが高くて技量がついていっていないのが、歯がゆいですし、申し訳ないような気がします。


振り返ると、薄削りを始めてからは、削るのが楽しくて、ついつい調整も甘いまま、削りに入ってしたことに気づきました。
下端調整、砥石の面直し、裏押し、研ぎ、全てにおいて、「まぁ、これくらいでいいか」と妥協しているのですね。
しかし、皆様のコメントを拝読すると、相当シビアに調整されている様子がひしひしと伝わってきます。


毎回同じことの繰り返しでは、ミクロンの削りは到底無理のような気がして、初心に戻ることにしました。


最近は、毎晩砥石の面直しをしています。
よく見ると、相当、面が崩れていました。(恥)
blog_import_535b762ec14ae.jpg


早く研ぎたい、早く削りたい気持ちを抑えて、納得いくまで面直ししようと思っています。


更に今後の課題として、面直しした砥石で長台の刃を研ぎ、長台を4点で当てるようにして、削る練習をしようと考えています。


しばらく原点回帰してみます。



砥石・研ぎ | 23:52:52 | トラックバック(0) | コメント(12)
シックネスゲージ

ついに、シックネスゲージを購入してしまいました。


実は、今のシックネスゲージ、優しいおやかたさんの「削り屑を見たら厚さは判るから、普段は使わへんし、道具は使う人の所にあればええ」というお言葉に甘えて、8ヶ月もお借りしていたのです。
お借りした頃、12~18ミクロンを行ったり来たりしながら削っていたことを思い出しました。懐かしいなぁ。
大変お世話になったシックネスゲージで、これがなければ、薄削りをしていなかったかもしれません。


しかし、いつもでも、図々しくお借りするのも申し訳ないし、やはり自分の物が欲しかったので、ようやく購入した次第です。
左側が、購入したものです。
blog_import_535b762a164b8.jpg


同じミツトヨ製547-401ですが、マイナーチェンジされています。
blog_import_535b762a94bf8.jpg


blog_import_535b762aecf30.jpg


シックネスゲージが変わっても、薄くならないのが残念なところです。(笑)



木工工具 | 00:49:59 | トラックバック(0) | コメント(7)
削り屑の輝き

毎日、削っていますが、厚さに変化がありません。
天然砥石に期待して研いでいますが、自分のものになっておらず、むしろ削ると粉が吹いてしまい、人造砥石を上回るような記録になりません。
まだまだ駄目です。


写真は人造砥石で研いだものです。
blog_import_535b7625dd437.jpg


切れが良くて、薄くなるときは、削り屑がピカッと輝くと聞いたことがあります。
最近、輝くことが多いのですが、薄くなってくれません。
blog_import_535b7626577be.jpg


最近、削り材の平面度が崩れて、微妙に凸になってしまいました。
基本的なことですが、限りなく平面に戻さないといけません。
長台の4点付で修正できると聞きました。
今まで、長台の4点付きで削れたことがないのですが、少し下端のコツが分かってきたので、再度、長台を調整したいと考えています。
「急がば回れ」と思ってやります。



薄削り練習 | 23:49:32 | トラックバック(0) | コメント(6)
原因

ちょうど金環日食の時間だけ、雲が切れてくれました。
金環日食を見るより、2ミクロンの削り華を見たいと思っていましたが、幻想的な太陽に家族全員引き込まれていました。


金環日食を見てたら、先日削りの調子が悪かったときの原因を書いてなかったことを思い出しました。
初歩的なミスで、お恥ずかしいのですが、写真を載せておきます。
なんか金環日食みたいな写真でしょ?(←どこがやねんという突っ込みは無しでお願いします)
blog_import_535b7621b626c.jpg


鉋を裏返して、自作した下端定規を当てた状態です。
左の台頭側と右の台尻側しか当たっていません。
WAKUの忠次は、台頭が下がる癖がありそうな台ということが分かってきました。
この状態ですと、削れても厚いし、台が曲がりながら削れていて全くだめですね。
お恥ずかしい限りです・・・・・


 


好きで育てているラベンダーのツボミが出てきました。
さわやかな新緑に包まれて、気分転換できます。
blog_import_535b762216b15.jpg


また、明日から鉋を楽しもうと思います。



薄削り練習 | 23:59:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
そんな簡単に・・・ありえねぇ

夕方、鉋の裏を研いでいたら、伊勢のおやかたさんから電話があって、近くを通るということで、フラッ~とお立ち寄りくださいました。


早速、デジタルマイクロスコープで刃先を見たり、調整方法を変更した下端を見たりして、鉋談義です。


「それじゃぁ、削ってみようか!」ということになったのですが、おやかたさんは、鉋を持ってきていないので、「忠次」で試すことにしました。


WAKUが、サクッと研いで(今日は、まだ慣れていない天然砥石を避けて、定番の人造砥石にしました)、マイクロスコープで見ると・・・・
blog_import_535b761d26e2a.jpg


ギョェ~ッ!#12000でピカピカだった裏が、深いキズキズ・・・(恥)


まっ、いいか。そのまま、おやかたさんに渡し、鉋に挿げて、削っていただきました。


「なかなか安定してるやん。」って仰って、「ええ感じや~。もうちょっと行けそうやなぁ~」と言いながら、片手でサ~ッと・・・・・
blog_import_535b761d9280c.jpg


削り屑が光っていたので、ひょっとして・・・・測定すると・・・7~5ミクロン。
blog_import_535b761dec000.jpg


普段、WAKUは、削り材を湿らせたり、下端を調整しまくって、とても苦労して、5ミクロンを出しているのですが、そんなに簡単に研いで、削って、5ミクロンですかぁ。


参ったなぁ、さすがに上手いです。


ありえねぇ~。


・・(笑)


やっぱり、鉋のひき方というのも、大きな要素ですね。


6月に向けて、精進します。



薄削り練習 | 20:19:58 | トラックバック(0) | コメント(12)
散々な一日

今日は、朝から晩まで、黙々と研ぎと削りを繰り返していました。


最近、削る調子が良かったし、デジタルマイクロスコープも導入し、紙コバ試験も取り入れ、研ぎに関しても沢山アドバイスいただいていたので、色々試してみたくて、一日時間が取れる今日を楽しみにしていました。


しかし、結果は・・・・・・・・ 散々でした・・・・・ 変な削り屑の山・・・
blog_import_535b7618d3dcb.jpg


昼頃から、10ミクロンを切るのが精一杯の状況に陥りました。blog_import_535b7618d3dcb.jpg


写真は、昼頃の「忠次」ですが、中央部が8ミクロンで薄くて、左右が12ミクロンと厚い状況です。
原因は、下端にありそうな気がして、調整に入ったら、朦朧として何がなんだか分からなくなって、一日が終わってしまいました。トホホ


気合が足りないのかな・・・(←違います。実力が無いだけです)


掃除して、出直します。


まっ、悔しいけど、こんな日もあるわな。



薄削り練習 | 00:00:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
新兵器導入

craft WAKU工房に新兵器を導入しました。


デジタルマイクロスコープ (Digital Microscope) です。
いつものように安価なものですけど・・・(笑)


現在使用しているマイクロスコープ(これまた安価なやつ)は、刃先に当てるようにしないとまともに見れませんし、毎回覗き込むのも疲れてきました。
blog_import_535b761460957.jpg


このデジタルマイクロスコープは、パソコンにUSBで接続して、刃先をパソコンの画面で見ます。
画像をjpegファイルとして、取り込むこともできます。
blog_import_535b7614ba6ce.jpg


USBから電源供給するので電池不要ですし、複数の人が同じ画面を見れるのは、楽しいかなと思い購入しました。


ただ、説明書やソフトの表示が、英語または中国語なので、使い方がいまいち良く分かっていません・・・・
また、安価なものなので、普段本業で使用しているものと比べると、遥かに解像度が低く、今後使い物になるかどうか不安な面もあります・・・・(笑)


まずは試し撮りしてみました。
blog_import_535b761531137.jpg


「楽仙」の表側の刃先部分です。
(中砥 シャプトン#2000、刃先 天然砥石で研いだ状態です)
先研ぎされた黒い部分をもう少し詳しく見れないか、あれこれやってみます。


今後は、このような写真が時々登場すると思います。
研ぎは、まだまだ勉強中ですので、叱咤激励の程、よろしくお願い致します。


これを活用することで、1μ薄くならないかなぁ・・・・



薄削り練習 | 01:06:34 | トラックバック(0) | コメント(12)
天然砥石の刃先研ぎ

天然砥石を使った刃先研ぎは、時間も掛かるし、薄くならないと思い込んでいました。


今日は、いつもの横坂正人氏の「楽仙」で試していました。


裏を硬い天然砥石と砥クソで研磨した後、中砥としてシャプトン刃の黒幕#2000で研ぎ、刃先をゼロベース(刃返りはありますが・・)から、やわらかそうな天然砥石で刃先して試しています。(それでも薄く刃返りは若干あります)


その刃の状態で、2~3回米ヒバを20~30ミクロンで削ると、削り材の表面に艶が出てきて、切れてきます。


いい感じで、鉋掛けできています。
blog_import_535b760f84b29.jpg


blog_import_535b76101286d.jpg


測定すると
blog_import_535b761084366.jpg


不思議なことに、従来の感覚で、推測する厚さより、20~30%薄く計測されます。


ただ、測定(シックネスゲージの当てる強さ)方法によって、数値の差が大きく、3~12ミクロンでした。


これは、刃が切れていないし、材料も悪く、削り屑が毛羽立っていることが考えられます。


少しずつ、向上していこうと思います。



薄削り練習 | 23:45:21 | トラックバック(0) | コメント(8)
次のページ

FC2Ad