■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
久しぶりの加工

薄削りから、少し離れて、家具を作っています。


久しぶりに角のみで、ホゾ穴をあけました。
blog_import_535b74e606e1b.jpg


ボール盤で穴加工しています。
blog_import_535b74e679157.jpg


どちらも卓上の機械なので、作業机の上に移動して、落ち着いて作業しています。


少しずつ、加工の勘は戻ってきていますが、薄削りの勘が遠くなっている気がします。


鉋も触りたいのですが、時間がありません。


なんとか、ここまで加工できました。
blog_import_535b74e6e0212.jpg


今回も、相当時間がかかりそうです。


秋の夜長・・・・・木工、鉋を楽しみたいと思います。



スポンサーサイト
Mackie | 21:58:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
はじめての際鉋

はじめて際鉋を購入しました。


今回も中古の鉋です。


今まで、際鉋無しで家具を作っていました。(笑)
blog_import_535b74e12db0a.jpg


予想以上に刃がチビていて扱いにくいような気がします。


しかし糸裏は保たれていて、上手い方が使っていたような気がします。
blog_import_535b74e18a8c8.jpg


blog_import_535b74e226881.jpg


際鉋は、どのように仕込むのか全く分かっていませんが、難しそうです。


まぁ、使いながら考えてみたいと思います。
 



| 23:27:58 | トラックバック(0) | コメント(4)
久々のトリマー

トリマーを使うのは、久しぶりです。


アサメラという木に溝加工しました。


机に4本の材料を固定して、トリマーを調整したら、自分が動きながら、4本一気に加工しています。
blog_import_535b74dd6f82a.jpg


最近、多忙で、思うように加工が進みません。



Mackie | 22:53:32 | トラックバック(0) | コメント(2)
嗚呼、アナログ

試作を続けている久しぶりの新作「Mackie」の図面を書いています。


CADで書くか迷いましたが、ドラフターが呼んでいたので、手書きすることにしました。


デジタルから開放され、コーヒーを飲みながらのアナログ作図は、ゆったりした気分になって楽しいです。
blog_import_535b74d94147b.jpg


一方、メインとなるアサメラ材は、木取りしてシーズニング中です。
blog_import_535b74d9965da.jpg


これから、ぼちぼち加工していきます。



Mackie | 04:30:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
刃先研ぎの最後は、人造砥石?天然砥石?

新潟県の金物店さんからメールを頂いたのですが、「金井」の人気は相変らず高いようで、中古品の仕入価格も高価になっているそうです。
現時点で「金井」を販売している店は少ない(ネット上では無い?)ようですし、オークションに2代目の金井が出品されていたので、どうしようか考えていたら、あっという間に高値になってしまいましたね。(>_<)・・・3丁目の金井は諦めて(笑)、他の寸八を狙いましょうか。いかんいかん自粛自粛!


ということで刃先研ぎをボチボチ試しています。
写真は、鉋用として使用している人造砥石です。
blog_import_535b74d5918e6.jpg

ご存知の方も多いでしょうが、左から、シャプトン刃の黒幕#12000、シャプトン刃の黒幕#2000、シャプトン刃の黒幕#1000、奥は海老の#8000です。
通常の研ぎで中砥は#2000を多用したので、薄くなっています。


刃先研ぎでは、中砥を研削力の高いシャプトン刃の黒幕#1000で試しています。若干弊害もありそうですが、そこそこ順調です。


薄削りに向けた刃先研ぎは、#12000の後、#8000で仕上げています。番手が逆ですが、なんとなくその方が良さそうなのです。(あくまで素人で個人的な考えですので、間違いがあるかもしれません)


今まで、#8000で仕上げて終了していたのですが、先日、電池を購入したマイクロスコープで刃先を良くみていると刃返りが僅かに残っているように見えました。刃の裏、表交互に力を抜いて研いでもどちらかに残っているように見えます。


そこで、天然砥石で更に仕上げて、刃先を見ると、ほぼ刃返りは、無くなりました。


肝心の削りですが、天然で仕上げると、粘っこさが出て、引きが重く感じるのです。削り屑も粘っこさが出てるように思えます。(2011/10/20記事の最初の写真も天然で仕上げています)
シックネスゲージが無いので、一概に天然砥石、人造砥石のどちらか薄いか分からないのが残念です。


今まで、刃先研ぎは、人造に限ると思い込んでいましたが、刃返りの処理と粘っこい削り屑を見ていると、天然砥石で仕上げても良さそうな気がしてきました。
もう少し、天然砥石、名倉、WA#10000あたりを組み合わせて詰めてみようかと思っています。



砥石・研ぎ | 18:42:43 | トラックバック(0) | コメント(6)
気分転換 (携帯電話の写真)

最近、刃先の研ぎ方を変えてみようとして試しているのですが、夜になると眠くなってしまい、何を試したか分からなくなる日が続いております(笑)・・・・
blog_import_535b74cdc0ef4.jpg


今夜も眠いので、鉋を触らずに気分転換することにしました。
普段、あちこち出掛けることが多く、気に入った風景などを携帯電話で撮影しています。
撮影するだけで、整理しない悪い癖があるので、何の目的で撮影したのか思い出せない写真もたくさんありますが、最近の写真です。


【虹/三重県】 久し振りに虹をみました。不思議な気分になります。近所で撮影。
blog_import_535b74ce2d40a.jpg


【神戸中華街/兵庫県】 神戸をウロウロしていたら、現れました。
          blog_import_535b74ce87c19.jpg


【真言宗・如意輪山蓮花院観音寺(長田観音)/和歌山県】
観音堂の前方で増築工事をしていました。彫り物や檜が美しかったです。
 
blog_import_535b74cf02712.jpg


blog_import_535b74cf77851.jpg


blog_import_535b74d023bf0.jpg


blog_import_535b74d0cddee.jpg


blog_import_535b74d17b9e9.jpg


時々、あちらこちらに出向きますので、また携帯電話の写真がたまってきたら、紹介してみようと思います。



その他 | 22:29:43 | トラックバック(0) | コメント(2)
試作

午前中、初めて削り仲間の大工のKさんが訪ねてきたので、一時間ほど一緒に削りました。
市内ですので、3~4kmで到着。自転車でも大丈夫らしい。
最近、仲間が増えて、ますます薄削りも楽しくなってきました。


さて、アサメラを使って、試作中のMackieです。


鑿を多用して、加工しました。
blog_import_535b74c93c443.jpg


このような形に心がときめいて、クラクラきます。(好きなんです)
blog_import_535b74c9a45ce.jpg


ここまで、彫るのに、ほぼ一日かかってしまいました。
blog_import_535b74ca0c905.jpg


本番では、8箇所もこのような加工をします。
これまた、クラクラきてしまいます・・・・・・・(笑)



Mackie | 00:08:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
アサメラ

ようやく作品を作りはじめました。


ウォールナットの在庫が無いので、アサメラという材料を出してきました。


マメ科 木質は重硬で、木理は交錯していることから、パープルハートのような感じでしょうか。
blog_import_535b74c522fc0.jpg


ウォールナットと比較すると、硬くて加工しにくい感じですが、部分的に使って、試作してみることにしました。
blog_import_535b74c584f09.jpg


ウォールナットの方が、3倍くらい加工しやすそうです。



Mackie | 23:48:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
インターネットと薄削り

先日、集まった削リストは、大工さんの方が多かったです。
パソコンとは無縁とのことで、インターネットはされていないらしいです。


チームBの会話の内容が、ちんぷんかんぷんのようで、その都度、質問を受けました。
特に、WA#10000、アトマ、マイクロスコープ、刃先研ぎ、グリンテックK2などの言葉には、「それって、何?????・・・・?」


実際に見たり、試したりして、興味のあるものは、名称や購入先を手帳にメモしたりしていました。
見方を変えれば、長年の経験や技術があれば、それらを知らなくても薄削りはできることになりますね。


1年前のWAKUは、全く知らなかった言葉ですし、主としてインターネットや、先輩の方々に教えていただいた知識です。
短期間で、薄削りするには、レベルの高い方々に直接教えていただくのが良いのですが、なかなかそうは行かないので、ネットの情報に頼ることは非常に有効と思います。


また、パープルハートの異形台に至っては、怪訝な顔をされていたのですが、薄く削るのを実際に見て、固定概念が少し緩和されたようです。


従来からの技術+αによって、更に薄く削れるようになると思いますので、これからも色々チャレンジして、楽しんでいきたいと思います。


 


話は変わって、写真は普段使っている安価なマイクロスコープです。
よく電源を入れっぱなしにして、ボタン電池LR41が3個が、すぐに消耗してしまいます。
前回は家電量販店で、購入したけど、3個で数百円したような気がします。
今回は百均で購入して、4個で210円でした。(すぐに電源を入れっぱなしにしてしまうので、これで十分です(笑))
blog_import_535b74c1549f1.jpg


今夜、気になってAmazonで調べたら、50個で680円・・・ビックリです。
やっぱり、薄削りするには、インターネットは欠かせませんね。



| 23:10:56 | トラックバック(0) | コメント(6)
一人で反省会

今回、一桁の数字で削れたので、心に余裕ができたというか、ホッとしています。
忘れないうちに色々書いておきます。


【良かったと思うこと】
①朝一、削りたい気持ちを抑えて、狂っている下端を3丁とも入念に調整できました。
②3丁それぞれ、2~3回削ってみて、一番しっくりきた鉋を選び、その他の鉋は封印しました。
③削り材を濡らすことで、薄く削りやすいことがわかりました。
④キングG1やエビ#10000の砥石をお借りして、研いでみることができました。
⑤初めてお会いする方々やレベルの高い方々とお話させていただき、良い刺激になりました。
⑥素晴らしい米ヒバを何回か削らせていただきました。
⑦今までとは異なる裏の研ぎ方を教えていただきました。


【反省点】
①砥石の平面が保てませんでした。(おやかたにも指摘されました)
②前夜、飲みすぎました。(笑)
③まだ刃先研ぎが自分のものになっていません。奥が深いです。
④台調整に時間をとられすぎました。
⑤台直し鉋の下端が狂っていると指摘されたこと。(台直し鉋を調整する余裕がありませんでした)


まぁ、書き出したらキリがありませんが、有意義で楽しい日でした。


砥石の平面を調整して、刃の裏表を研いで、削り材を湿らせたら、今までとは異なる感じで削れました。薄いと思います。
blog_import_535b74bd81b47.jpg


あまりにも、(WAKUのレベルとしては)綺麗に削れるので、うれしくなって、動画も撮影してみました。(毎回同じような動画ばかりですみません)


このような調子で、次回は削りたいものですが、維持できるかなぁ?



鉋 金井芳蔵 | 17:59:21 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。