■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
木工人らしい不思議なもの

もう少し、木工人らしい不思議なものも作りました。


blog_import_535b7184153fa.jpg


5円玉の穴よりも大きな矢が通っているという有名なものですね。


これは、木工をされている方々が見たら、どのように作ったか想像がつくと思います。
それとも、木工されている方は、矢を分割して、いかに分からないように接着するかを考えだすかもしれませんね(笑)。でも、その方が面白い形状のものができそうですし・・・。


材料は、杉なのですが、矢を作るのが手ごわいです。
ベッド製作の合間に、慌てて作ったので、刃物が切れずボサボサしていて、木工人として、とても恥ずかしい仕上がりなのです(大汗)



スポンサーサイト
その他 | 22:38:51 | トラックバック(0) | コメント(5)
不思議な物

ログハウス内に不思議な物が置いてあると、なんとなく心に余裕ができて、安らいだ気分になります。


僕の木工作品も不思議なものは多いのですが(笑)、トリッキーなものが少ないので試しに作ってみました。
blog_import_535b718001a98.jpg


blog_import_535b718063c93.jpg


craft WAKUの焼印が不思議?(笑)
たまたま焼印の試しをしていた材料なので、焼印は無視してください。


瓶の中に棒(瓶の口の部分ギリギリの太さ)が差し込まれていて、その先に丸穴が開いていて、ボルトとナットが付いています。


このボルトとナットを外して棒を抜いて、再び棒を差し込んでボルトとナットを取り付けるという遊びです。


ログハウスに来客があったときの話題作りになるかなぁ。(大体の話題は木工ですけど・・・)


以前、テレビで放映していたので、ご存知の方も多いと思います。



その他 | 23:59:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
シャープペンシルの毛引き

猛暑の夏に負けて、体調を崩してしまいました。
なかなか畳ベッドを作る気力がわかず、小物であるシャープペンシルの毛引きを作りました。


僕は、一本竿毛引と二本竿毛引の2つを使っています。(本当はあと2本、鎌毛引がほしいです)
木工を始めた頃に、ホームセンターで買った毛引きがあり、放置していたことを思い出しました。
(以前、刃を抜いて一本竿毛引に入れたので、使えない状態)


最近、鉛筆の毛引きが欲しいと思っていましたので、放置されていた毛引きを利用して作ることにしました。
今回はシャープペンシルの毛引きです。(写真右側)
blog_import_535b7179c5546.jpg


竿の部分の製作です。
材料は、適当な大きさのウォールナットの端材を見つけてきました。
blog_import_535b717a45aa7.jpg


各部材の完成写真です。
中央の竿が今回製作したものです。
シャープペンシルを安定させたいのと、竿の下にシャープペンシルの先が出るのを少なく(通常の毛引きの刃くらいにしないと安定しにくいし、飛び出しが大きい場合、木材に摺らせる板?も高くする必要があると思いましたので)するために、シャープペンシルを挟む部分は大きくしてあります。
blog_import_535b717ad17d4.jpg


最も短くした時に3mm位までは墨付けできるように、木材に摺らせる板?を4.5mmほど掘りました。
blog_import_535b717b5146b.jpg


シャープペンシルを入れる穴を中心に割りを入れ、蝶ナットなどで締め付けて固定する予定でしたが、予定より嵌め合いがきつくて上手く固定されたので、そのままにしてあります。このまま使って様子をみることにしました。
blog_import_535b717c4287c.jpg


blog_import_535b717bbcead.jpg


なんとか、シャープペンシル用の竿ができました。 道具作りは楽しいですね。
荒木取りや、寸法精度を必要とせず繰り返し墨をつける作業に活躍してくれそうです。
将来、鉛筆用の竿も作って取り替えて使えるようにしたいと思います。



木工工具 | 00:13:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
完成しました

Perrariが完成しました。


2009年5月14日に製作を開始後、途中で嫌気がさしたり、他の物を作ったりして、放置時期もありましたが、1年4ヶ月の歳月を経て、ようやく完成です。


ずっ~と、心の中で気になっていたので、嬉しくて記念撮影しました。


blog_import_535b7174bb65e.jpg


仕上げは、オスモカラー ナチュラルです。


blog_import_535b71751b2bd.jpg


blog_import_535b717570688.jpg


blog_import_535b7175bcce7.jpg


blog_import_535b717625000.jpg


  使用木材:チーク、楢、ウォールナット、桐



Perrari | 22:17:00 | トラックバック(0) | コメント(12)
野暮用ばかりで

今日は、一気に仕上げたかったのですが、朝から息子が部活に送ってほしいと言うので、無料の高速道路を突っ走って隣の松阪市へ出向きました。


帰りに近くの川に立ち寄って、シジミとり。たくさん取れたので、嫁さんの実家や、僕の実家に立ちより、お裾分けして昼ごろ帰宅しました。


川では暑さを感じなかったため、日焼け対策を忘れてしまい、2時間で真っ赤になってしまいました。


写真は、バケツの中のシジミです。
blog_import_535b7170a165a.jpg


午後も用事が重なり、今日の木工は取っ手を端材から切り離しただけです。


木工機械で切り離すより、手鋸の方が安全に作業できます。今日は5分で終了~。


まぁ、ボチボチやります。
blog_import_535b717120504.jpg



Perrari | 00:20:22 | トラックバック(0) | コメント(2)
取っ手の製作 3

今日も暑かったですね。


気を取り直して、取っ手の製作をしていました
新しい取っ手のデザインが数種類ほど頭の中に出来たので
使えそうな端材を集めてきました。


端材を見てから取っ手のデザインを決めるのも、なんか変な話です(笑)
blog_import_535b716c4514f.jpg


黒檀の色が強烈でしたので、今回はウォールナットを使ってみます。


小箱ですので、取っ手も小さなものですが、彫る作業は慎重に進めます。


2回目の取っ手製作は、少し飽きてきたため、今回は気分転換に清久の小刀を使いました。
blog_import_535b716c93d76.jpg


さすがに、よく切れます。


今回の取っ手は、シンプルです。
blog_import_535b716cef248.jpg


強度的に不安要素もあるのですが、小さな小箱ですので、良しとしましょう。


 



Perrari | 22:57:08 | トラックバック(0) | コメント(2)
取っ手・・・・没

取っ手の加工は失敗するどころか、思っていたよりも良い出来栄えに彫れたのですが、採用を却下して、ボツにしました。


僕が、加工に失敗する以外でボツにするのは、異例のことです。


実は取り掛かる前から、薄々感じていた中、強行に製作していたのですが、今日、両面テープで仮固定して眺めて見たところ、こりゃ駄目やなぁ~気に入らん・・・となりました。


取っ手の出来栄えが良すぎること、色のコントラストが強すぎることで、取っ手に目が行き過ぎて、Perrari最大の特徴である、しなやかに捲れた左側の板の存在が薄くなってしまったと思えたのです。


写真は、両面テープで仮固定した取っ手ですので、6mmほど前に飛び出していますが、全体のデザインとしては、笑ってしまうくらい不細工です。


しばらく悩みましたが、採用をあきらめて、別の取っ手のデザインを考えることに決めました。


あ~ぁ、また次の休日にぼちぼちやります。


blog_import_535b71688b76d.jpg



Perrari | 00:10:27 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。