■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

段取りが悪すぎです

ブレードの注文が遅れてしまい、今日やっと、Timber Wolf のブレードが届きました。
今回は、予備を含めて2本入手しました。
blog_import_535b6f84ba29d.jpg


とにかく、短い側の板を切って鉋で仕上げました。
blog_import_535b6f8530040.jpg


一気にベッドの枠を組立てる予定でしたが、まだ肝心の「畳」が手元にありません。すぐに届くものと思い込んでいましたが、来週の金曜日くらいになりそうです。
注文した畳は、ベッド用で1000mm×2000mm、厚55mmですが、どれ位の公差で仕上がってくるものか見当がつきません。
縦方向は寸法の余裕があるのですが、横方向はあまり余裕が無いため、現品の寸法を確認してから本組みすることにしました。(万一、畳が入らなかったら、目も当てられないので慎重に進めます)


ということで、仮組みです。
ロフトで作業するつもりでしたが、仮組みなので工房内で行いました。
長さが、2580mmと一般のシングルベッドと比較して、大きいです。
あっ、僕の背丈が高くて、長いベッドを作っているのではないのです。
市販されているベッドと同じでは面白くないと思って、これ位の寸法にしています。


工房のレイアウトを変えて、なんとか納まるようにしました。
blog_import_535b6f858a591.jpg


blog_import_535b6f85ecc1e.jpg


2400mmの板、取り回しに苦労しています。家具を作ると言うより、建築に近い感覚の作業かもしれません。
それにしても、今回は段取りが悪すぎです。(反省)



スポンサーサイト
eel's beds | 22:10:44 | トラックバック(0) | コメント(4)
ホゾ加工

3連休でしたが、色々と忙しくて工房に入る時間が少なかったです。


ホゾとホゾ穴の加工をしています。


このホゾは嵌め合いがキツイので、もう少し調整しないといけません。


ドミノがあれば、時間を掛けた下手なホゾより、強度がありそうな気がします。
でも、ドミノを持っていないので、ホゾで頑張ってみます。


今週はフレームの組立てまで行う計画でしたが、大幅に遅れてしまいました。
まぁ、焦らずにボチボチやります。
blog_import_535b6f810cfcd.jpg



eel's beds | 23:47:35 | トラックバック(0) | コメント(8)
とにかく作ってみよう・・・

ベッドは強度が必要かと思って、あれこれ考えていましたが、ちっとも進まないので、とにかく一台作ることにしました。


ホームセンターで、構造用2×6材(16フィート) 実寸4880mmを半分に切ってもらって持ち帰りました。構造用と表示されていたので、1本(16フィート)が1380円と安価(と思います)。
何が違うかわからないけど、使ってみます。


とりあえず自動鉋をザッとかけました。
blog_import_535b6f7b3476b.jpg


blog_import_535b6f7b93511.jpg


強度は大丈夫そうだけど、ゴツイ感じがするので、大きなRで切り欠いてみることにしました。


バンドソーで大まかに切っていたら、ブレードの継ぎ目のような振動が何回かあって、そのうち「バン!」と音がして、Timber Wolf のブレードが切れてしまいました(>_<)。
長年使ってきたブレードでしたが、ショックです。予備のブレードを持っていないので、万事休す。


今週は加工をあきらめようと思いましたが、ジグソーがあったことに気付き、加工再開です。
blog_import_535b6f7be6e24.jpg


鉋で1本を仕上げてみました。
blog_import_535b6f7cdaa05.jpg


なんとか加工できそうなので、明日も超安価なジグソーで頑張ってみます。



eel's beds | 00:07:48 | トラックバック(0) | コメント(4)
材木を乾燥させるのは難しい

僕が木工をやり始めた約6年ほど前に、我楽多工房さんにお世話になり、入手した未乾燥の山桜がありました。


http://www7.plala.or.jp/WAKU/turedure/turedure.htm


チップになるのがかわいそうな間伐材。直径30cm程度の丸太から二寸で製材してもらいました。


当然、木工の知識は乏しく、木口の処理など何も知らなかったので、そのまま放置したのでした。
製材中に、上手く乾かさないとゼッタイ割れるよ。って教えてもらったことを昨日のように覚えています。
予想通り・・・・・・


     blog_import_535b6f7786c4b.jpg


真二つに割れました。
無節ですが、芯持ち材で、素直すぎる木目。
今の僕なら、割れると言われたことが、少しは理解できるような気がします。
(これ以外の板は大丈夫でした)


まぁ、2枚に分けて柾目にして、小物くらいに使えないか考えます。
材木を割れずに乾燥させるのって、相当難しいことなのですね。って、今更・・・・



材木 | 01:18:15 | トラックバック(0) | コメント(6)
進まない一日

そういえば、材木置き場Bの一番下に300cm位の長さの板があったはず・・・。


ベッドの横の板を見つけようと、早朝から材木置き場Bで、材木を移動して汗をかきました。
やっと一番下の板が見えた・・・・・・・・、割れてて使える部分がほとんど無い板だったことを思い出しました。(>_<)
      blog_import_535b6f734137e.jpg


しばらく腕組みして考えてましたが、ダメや、こりゃ。と見切りをつけました。
2mを超える板は、これ以外ストックしていないと思うので、ツーバイ材で買うことになります。


脚の部分の材料8本を同じ太さにしました。
blog_import_535b6f73c8685.jpg


今日は、ここまで。
ほとんど進まない一日でした。


まだ畳ベッドの構造が決まらず、図面は書いていません。
ベッドに興味が無かったので、今まで構造を考えたことが無いのです。
考えがまとまらず、困っています。
気分転換にベッド用の畳を畳屋さんに頼んで、畳を見ながら考えてみようと思います。



eel's beds | 00:30:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
畳ベッド製作  脚の材料

ログハウスのロフト改修計画が続きます。


今回は、畳ベッドを3台作ることになりました。
ログハウスに住んでいるのですが、実はベッドがありません。
毎日ロフトの適当な場所(季節によって変わります)に布団を敷いて寝ています。
どうも柔らかいマットが苦手なので、畳ベッドを自作することにしました。


まずは、脚の材料探しです。
毎回、笑われてしまいますが、端材置き場から探してきました。
blog_import_535b6f6daada3.jpg


ひどい松の角材ですが、手押し鉋と自動鉋でなんとかなると思いました。
しかし写真にあるように、穴が貫通しているので、1本しか木取りできません。
3台分の脚、12本必要なので、端材を追加で探しました。
blog_import_535b6f6e12f11.jpg


ログハウスの端材は、ボリュームがありますね。
今まで小物を扱っていたので、木の塊に見えます(笑)。
これらを使って木取りします。
角材を購入すれば、アッという間にできることですが、製作費用の削減です。
木材を消費しないと工房周囲が、端材で収拾がつかなくなりそうです(汗)。
材料購入もできるだけ避けています。


とにかくバンドソーの能力限界で切り出します。
blog_import_535b6f6e6d20c.jpg


今日の段取りが狂ったのが、この材料↓です。
25cm×10cm×100cmの大きさですが、重たいなと思いながらも、ログハウス端材と同じ場所に置いてあったので、ウエスタンレッドシダーと思い込んでいました。
blog_import_535b6f6ebc666.jpg


切り出したら、香りが変です。
黄色の綺麗な木肌が出てきました。イエローシダー(米ヒバ)です。
blog_import_535b6f6f30330.jpg


ヒバの匂いは、削ろう会の会場の香りです。
工房内、ヒバの匂いで充満しました。昔は嫌いな香りでしたが、今は好きです。
写真のように6本しか取れませんでした。(中途半端です)
レッドシダーと組み合わせても違和感があるので、やむなく2本は鉋削り遊び用の材料に残しておこうかなと思っています。


今日はここまで、大まかに12本分の材料を確保しました。
blog_import_535b6f6f85f2c.jpg


明日は、手押し鉋と自動鉋で平面と直角を出そうと思います。



eel's beds | 21:46:55 | トラックバック(0) | コメント(4)
焼印して包装

いつものように、底の部分に焼印を施しました。
いつものように、上手くいかず失敗しました。
いつものように、2回目を押してズレてしまいました。
至って進歩は見られず(笑)
焼印を完璧に施すのは難しいです。
blog_import_535b6f6a09b0a.jpg


あまり気にしても仕方が無いので、包装しました。
明日、宅配で発送して、KO・BA・KO #2 の製作は、終了です。



KO・BA・KO #2 | 00:33:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
KO・BA・KO #2 完成

昼間とても忙しい一日でしたが、夜2時間ほど工房へ行き、一気に完成させました。
木口を鑿、小刀で仕上げ(完璧な平面ではなく、ややランダムな感じ)て、面取りを行いました。
最後は、オスモで仕上げています。
カリン(パドック?)の赤い色が引き立ちました。ウォールナットは、もう少し黒い方が良かったと思います。
     blog_import_535b6f650d232.jpg


     blog_import_535b6f6588614.jpg


     blog_import_535b6f65f3277.jpg


焼印して発送したら、ホワイト・デーに間に合うかもしれません。(^_-)-☆



KO・BA・KO #2 | 01:03:13 | トラックバック(0) | コメント(10)
蓋とツマミ

蓋はタモの柾目。ツマミはウォールナット。


製作中です。
blog_import_535b6f6108e17.jpg


蓋にΦ4.5の穴を開けて、ツマミを取り付けます。
ややキツメの嵌め合いにします。
blog_import_535b6f6163fd1.jpg


久しぶりにタモを加工しました。
匂いを除けば、加工しやすく、綺麗なので好きな材木です。


これから、手間隙掛けて細かな部分を仕上げます。



KO・BA・KO #2 | 00:47:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
手作業

最近、機械加工で大きな物を作ってきたので、反動が出て手作業の一日になりました。


朝から、研ぎ。
良く使用した工具、これから使う工具、包丁2本を研ぎます。
blog_import_535b6f5bcd27f.jpg


シャプトンでも立たせないといけないと思い(オイオイ(^_^;))、遊びながら研ぎました。
blog_import_535b6f5c38384.jpg


最近、絶不調の小鉋は、台の下端を全体的に削り直して荒治療をしています。
blog_import_535b6f5c91ff3.jpg


削りを試したいけど、貴重な休日の時間なので、止めました。


工房内をザッと片付けて、今日からは僕が好きな手加工モードになりました。
作り始めた KO・BA・KO #2 ですが、気持ちを集中して作っていきます。
やっぱり、自分の好きなものを作るのが一番楽しい(^_^)v
KO・BA・KO(#1)を踏襲した、あられ組加工です。
変則的なあられ組なので、かなり大変です。
良く考えたら、蟻組みよりも難しいかも・・・。
blog_import_535b6f5ceda41.jpg


なんとか、仮組みできました。
blog_import_535b6f5d556a6.jpg


後ろで、ぼんやり立って見ているのが、KO・BA・KO(#1)。
手前が製作中の(#2)です。


鑿の切れが良かったのか、(#1)より、あられ加工精度が向上しています。
デザインは、(#1)より、シャープな感じになります。
完成まで、まだまだ時間がかかります。
予定していた納期には間に合いませんが、失敗しないで最後まで作って、楽しみたいです。



KO・BA・KO #2 | 23:56:17 | トラックバック(0) | コメント(6)
次のページ

FC2Ad