■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

好調です

久しぶりに米ヒバを削ってみました。
秦野の檜とは、削った感触が異なります。
養成ギブスを外したように、とても軽く引けます。


カネ庄で、部分的に4ミクロン。
自分で言うのもなんですが、絶好調です。




ビデオカメラにも少しづつ慣れてきました。
17日、息子の高校生活最後の定期演奏会があったので、ビデオ撮影してきました。
動画からキャプチャーしても、美しい画像で嬉しいです。
ここから更にズームして、顔がアップで撮影できるのは驚きでした。
blog_import_535b784a2bb5d.jpg

最近、鉋も砥石も変えていませんが、以下の調整方法を全て変更して、安定して削れるように心がけています。
・砥石の面直し
・研ぎ
・台の下端
・削り材 


 



スポンサーサイト
鉋 金井 かね庄 | 13:42:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
動画 「カネ庄」

愛用していたコンパクトデジカメの液晶画面が、割れてから半年が過ぎました。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=4506199
ブログやホームページの写真は、家内のコンパクトデジカメを借用していました。
面倒なので、先日デジカメを買いに行ったのですが、衝動的に安価なフルHD対応小型デジタルビデオカメラを購入して帰ってきました。
もともと動画は、嫌いでしたが、そうも言っていられない情勢か・・・・・・・。
blog_import_535b78381b36f.jpg

 
ブログに掲載する写真は、動画からもキャプチャできそう?、動画も少しは綺麗になるかも?
・・・などなど期待して、テストしています。


【動画】
金井(かね庄)で、いつもの秦野の檜を削ってみました。
いつもと違うアングルです。
右腕に小型ビデオカメラをゴムバンドで付けて撮影してみました。(笑)
秦野の檜、少しづつ慣れてきましたが、刃が少し切れ止んでいて、10ミクロン程度です。

【写真】
上の撮影した動画から、キャプチャしてみました。
いいとこ撮りのWAKUに、ピッタリです。(恥)
blog_import_535b7838c03b1.jpg

今回の「かね庄」は、研ぐ方法を少し変えています。
引きは軽いですが、やや切れが犠牲になっているような気もしています。
もう少し、あれこれ研ぎを試してみようと思います。


 



鉋 金井 かね庄 | 08:22:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
刃の黒幕#2000での削り

なかなか体調が戻りません。
日頃の運動不足が影響して、体力の衰えを実感しています。
体調が良くなったら、何か運動してみることにします。


今日は、薄削りをしようと、「カネ庄」と「貞正」をシャプトン刃の黒幕#2000で、やや多く刃返りが出るまで研ぎ、休憩していました。
仕上げ研ぎをしようと工房に戻った時、頭の中がボ~ッとしてたこともあり、研ぎ終えたものと勘違いして、そのまま「カネ庄」を台に入れて削ってしまいました。(笑)


2回ほど、30ミクロン以上の厚さで削った後、薄削りに入りましたが、切れが少し悪く、削り屑がバサバサしていたので、研ぎに失敗したかな、と思った時、ようやく仕上げ研ぎをしていないことに気付きました。


最近、絶好調だった「カネ庄」。
刃の黒幕#2000の研ぎだけで、薄削りを見せてくれました。
blog_import_535b780974028.jpg

blog_import_535b7809c4b3f.jpg
写真は、8~11ミクロンでしたが、撮影中に7ミクロンに変わってしまいました。
(実際は、削り屑が毛羽立っているので、やや強めにシックネスゲージを当てています。)


削りにくいヒノキも削ってみましたが、引きが軽かったです。
blog_import_535b780a465c4.jpg
結果的に刃の黒幕#2000だけでも、条件が揃えば、10ミクロン以下で、引きも軽く削れることが分かりました。


今後、刃の黒幕#2000の研ぎだけで、薄削りをすることは考えていませんが、実際に削った結果に驚いています。


 



鉋 金井 かね庄 | 21:40:30 | トラックバック(0) | コメント(8)
新しい発見

今夜は、昨年末に再生した鉋、「カネ庄」で削りました。
4点で当てた下端の調子が良くて、ようやく理想の下端に近づいてきたような気がします。


ただ、削りを薄くしていくと、毎回、削り屑の同じ所が割れてしまいます。
blog_import_535b77d8513d8.jpg
左から7mm位の所が、薄く削ると割れます。


指で削り材を触ると、切れた部分に僅かな段差があったので、最初は、錆のピンホールが影響した刃先の小さな欠けと考えて、数回研ぎ直しましたが、いつもここが割れてしまいます。
拡大鏡で見ても、刃先の欠けは見当たらず、原因不明の状態が続いていました。



刃口の写真です。
現在、使用しているデジカメのマクロ(接写)は、10cmまでで、刃口が上手く撮影できなかったのですが、虫眼鏡を併用する方法で撮影してみました。これは新しい発見です。
blog_import_535b77d8a4124.jpg
ネットで検索していて、偶然見つけた方法です。


刃を少し抜いた写真です。
これも虫眼鏡を使って撮影しました。blog_import_535b77d905820.jpg
木っ端返しを見ると、削り屑が割れる箇所に、小さな削り屑が引っ掛かっています。
どうやら、刃との距離が狭いのに加えて、この部分の樫の導管のバリがあり、削り屑が引っ掛かかりやすいようです。
指で木っ端返しを触わって確認しても、ここに何か小さなバリがあるように感じたので、オイルを塗布して#1200のペーパーで磨いてみました。


研ぎ直しせずに同じ刃で削ります。
blog_import_535b77d95581f.jpg
削り屑が割れていた部分だけ厚くなっていますが、問題ありません。


おそらく、刃先が欠けていたのでは無くて、木っ端返しのバリに削り屑が引っ掛かり、この部分だけ削れなくなり、削り屑が割れていたように思います。

更に、同じ刃で研ぎ直さず、薄く削ってもつながっています。
blog_import_535b77d9b17cf.jpg

ここまで削ったら、刃が切れ止んでしまいました・・・・


これから、研ぎ直します・・・・


 



鉋 金井 かね庄 | 21:23:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
かね庄の再生 9 初削り

かね庄を使って、一人、初削りしていました。


苦労していたヒノキも薄く削れるようになってきました。
blog_import_535b77bf099a9.jpg

blog_import_535b77bf8a9b8.jpg
今までと比べて、削り屑を触った感触も薄いです。


米ヒバで、薄削りに挑戦しました。
blog_import_535b77c020d77.jpg

良く切れて、台の感触はバツグンでしたが、削っている途中で、刃先が欠けてしまいました。
blog_import_535b77c07d360.jpg

マイクロスコープで見ても細かく欠けています。


あ~、参ったなぁ。なんで?
もう少し色々やらないと、薄削りには使えないと思います。


 



鉋 金井 かね庄 | 18:02:17 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 8 削り納め

今日は大晦日。


削り納めとして、かね庄の刃を研いで削ってみました。
最初からヒノキを削る自信がないので、米ヒバを使います。
blog_import_535b77b226037.jpg
こんなボロボロの状況でも、鉋屑が、出てきてくれたので、嬉しくてホッとします。


刃を研ぎ直して、再度削りました。
blog_import_535b77b281195.jpg
なんとか、削れてくれました。


時間も技術も無いので、今日の薄削りは、これが限界でした。
blog_import_535b77b30bfc3.jpg

削った感触は良かったので、ヒノキも最後に削ってみました。
blog_import_535b77b361072.jpg

10~13ミクロンと超薄削りには、ほど遠い状態ですが、来年じっくり仕込んで再挑戦したいと思います。


今年もあと僅かになりました。
無事に一年間、鉋や薄削りを楽しむことができました。
また、今年も多くの方々と巡り合うことができまして、とても幸せな一年となりました。
ありがとうございました。


来年も、鉋や薄削り、木工を楽しもうと思います。
それでは、良いお年をお迎えください。



鉋 金井 かね庄 | 16:42:08 | トラックバック(0) | コメント(6)
かね庄の再生 7 鉋台再生

朝から一日中、雨降りでした。
予定していた大掃除も家族全員の気分が乗らず、明日に延期となりました。


・・・・と言うことで、地下工房に篭り、鉋台の再生をしていました。
blog_import_535b77acb116d.jpg

コバ部分にもパープルハートを貼って、いつものパープルハート台のように見せています。
blog_import_535b77ad53fca.jpg

台の幅ができるだけ狭くなるように、コバ面のパープルハートの厚さは、1.0~1.5mm程度です。


blog_import_535b77adc652b.jpg
下端の様子です。


blog_import_535b77ae36cb3.jpg
刃口は、デジカメ写真に写らないくらい狭くしてあります。
今まで台を何度か打ちましたが、いつも鉋屑が出なくて、広げてしまいます。


明日は、下端を調整して、試し削りの予定です。
時間が取れない場合は、年を越してしまいますが、焦っても仕方ないので、ボチボチやります。


 



鉋 金井 かね庄 | 21:26:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
かね庄の再生 6 鉋台再生

年末で時間がとれず、製作が思うように進みません。


現在の状況です。
blog_import_535b77a745e3c.jpg
上面はパープルハート、中央はプチ積層台の再利用、下は白樫です。

blog_import_535b77a7af68d.jpg
表馴染みの調整を失敗していまして、ユルユルです。(笑)
エポキシのお世話になる予定です。


blog_import_535b77a821dd6.jpg
下端の様子です。
blog_import_535b77a88a160.jpg
刃口の幅は、0mmとクリアランスがありません。
刃口を仕上げるときも失敗しそうな予感がしています。


こんな台で、削れるのかなぁ・・・・・(笑)



鉋 金井 かね庄 | 22:34:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 5 鉋台再生

毎晩、工房内が寒いです。
ここの所、年末で忙しいのですが、思い立ったことを兎に角、やってみることにしました。


まず、パープルハート、白樫を1分の厚さに挽きました。blog_import_535b77a2d3fd1.jpg

左から、なんちゃって積層台、プチ積層台、パープルハート1分厚4枚、白樫1分厚2枚、良い発色をしたパープルハート台の材料です。


この中で、プチ積層台、パープルハート1分厚、白樫1分厚を使います。
パープルハートは化粧用、白樫は下端用です。


下端用の白樫をプチ積層台に貼っているところです。blog_import_535b77a370426.jpg

上の写真では、何やっているのか分かりませんね。


すみません・・・・。


ボチボチ焦らず進行中です。



鉋 金井 かね庄 | 23:17:42 | トラックバック(0) | コメント(2)
かね庄の再生 4 鉋台

刃を再生した「かね庄」ですが、一緒に送られてきた2枚刃の古い鉋台に入れて削っても、全く上手く削れない状態が続いていました。
削っていてもザラザラした感じで、軽く引けないので、台を変えることにしました。
blog_import_535b779d3d1a3.jpg

新しく台を打とうと、右側のパープルハートの材料を切り出していましたが、ひょっとすると以前に打った台が使えそうな気がしたので、持ってきました。blog_import_535b779da985d.jpg
左が「かね庄」で、右が以前に打った「廣道」です。


2枚の白樫を張り合わせた、プチ積層台です。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=4496661

「廣道」が、全く切れてくれず、最近はお蔵入りしていました。(笑)
ただ、下端の狂いは少ないので、なんとかしたいと思っていました。


この台に「かね庄」を入れると、少し表馴染みのカーブが合わず隙間が開いていますが、どうにか削れそうです。blog_import_535b779e28ebe.jpg

早速、苦戦している桧を削ってみました。blog_import_535b779e8a0e4.jpg

いつもの事ながら、切れ止んできていますが(笑)、引いた感触は向上しています。


新しく台を打とうと思っていましたが、「廣道」の刃をあきらめて、このプチ積層台を「かね庄」に合うように改造して楽しむことにします。


早速、樫の木を加工しようとしたら、バンドソーのゴムローラーが出てきてしまいました。blog_import_535b779f0cca0.jpg
以前、上のゴムローラーが劣化して切れたのですが、今回は下側のローラーです。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=3985497


ゴムが相当劣化して、バキバキになっていました。
ハァ~、、下側のゴムも直さないと・・・・・なかなか思うように進みません。


 



鉋 金井 かね庄 | 18:24:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad