■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
本箱製作 22 (完成)

やっと、本箱の塗装が終わって完成。ふぅ~。


本体の塗装はロフトでの作業となりましたが、屋根裏部屋なので暖かくて快調快適でした。
思い起こせば家内から「パンパンと本箱作って~、1日でできるでしょ」・・・・・「よっしゃ、分かった!」と返事をしてから、4ヶ月程掛かりました(笑)


評判は、「ずいぶん時間は掛かったけど、思ってたより良い感じ」とのこと。
「えっ?思ってたより?」・・・・・・う~ん、どんな本箱を予想してたんだろう。


本箱製作は今回でブログ22回目。いつも同じような写真が多かったので、アングルを変えてみました。
後日、製作過程をHPでまとめて紹介する予定です。blog_import_535b67c8b2941.jpg


スポンサーサイト
本箱製作 | 01:17:18 | トラックバック(0) | コメント(2)
本箱製作 21

本箱製作も21回目の記事になりました。
ダラダラした製作が続いています。
早く完成させて限をつけないと・・・・。


ついに仕上げに入りました。
いつもの亜麻仁油を使うことにして、扉を1枚塗ってみました。
しっとりとした感じで、良さそうです。


コントラストが、はっきり見えるようになってしまいましたが、これはこれで良しとします。
blog_import_535b67aebe0e1.jpg
blog_import_535b67ae1bcb3.jpg


本箱製作 | 23:15:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
本箱製作 20

午前中、扉をロフトに運んで、仮固定してみました。


無事に扉が取り付いたことで、もう少しで完成しそうな気がします。
嬉しくなって、しばらく眺めていました。


取手は、ずいぶん前に近くのホームセンターで安価に購入したものがあったので、付けてみることにします。(写真は、両面テープで貼って様子をみています)


これから、オイル仕上げ作業となりますが、音がしない作業なので、夜間作業とします。
貴重な休日昼間は、次回作品(工作?)の荒木取りなどで過ごしましょうか。



次回作品は、杉、桧を使ったいつもと同じ頼まれ物です。
特に目新しいことがありませんが、時々ブログで紹介してみようと思います。


blog_import_535b6780a9371.jpg

blog_import_535b67826082f.jpg


本箱製作 | 12:31:46 | トラックバック(0) | コメント(5)
本箱製作 19

扉を並べてみた。
想像していたより、いい感じです。


仕上げは柿渋と決めていたのですが、色々なラワンの色が混じったなんとなくいい雰囲気なので、そのまま残したくなった。
柿渋だと均一な色になりそうなので、オイル仕上げに変更か?


blog_import_535b677cab8ba.jpg


本箱製作 | 00:06:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
本箱製作 18

最近、木工頑張ってます。
作りたいもの、作らなきゃいけないもの、一杯ある・・・どうやらお尻に火が付いたようですが、焦るとロクなことが無いし、本業も、趣味もバタバタしてたら落ち着く場所がなくなって参ってしまうぞ。マイペース、マイペースとつぶやいています。


でも、どーしても扉を作りたくなって、地下工房に行く(笑)。
なんとか扉2枚が形になった。
今日は、ここまで。 ふぅ~


blog_import_535b677893259.jpg


本箱製作 | 23:29:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
本箱製作 17

な~んにも考えず、ひたすら鏡板を作っています。
サネ加工した後、一枚ずつペーパーで仕上げますが、数が多いので人間機械となっています(笑)
きっとコストを計算したら、よほど上手くやらない限り、合わない加工でしょう。プロだったら、やらない加工と思うのです。


でも、このラワンはWAKUの父親が40年位前に棚を作ろうと購入したものであったり、親戚の材木店が廃業するときに昔から放置されてたものを頂いたりしたもので、色々思い出が詰まったラワンなのです。端材を簡単に捨てたりできません。


気になるサネ部分の写真(表面側)

blog_import_535b677371d2f.jpg

(裏面側)

blog_import_535b677412470.jpg

加工が終了したので、作業台の上に並べてみました。

blog_import_535b67749b7c9.jpg


本箱製作 | 22:48:41 | トラックバック(0) | コメント(3)
本箱製作 16

鏡板を作ろうとラワン材を探したが、ストック分を使いきってしまったようで見つからない。(3mmのガラスを入れることも考えたのですが、ロフトで子供が騒ぐと(加えてオヤジも騒ぐ(笑))割ってしまいそうで危ないので却下)


木目のきれいな杉板ならあるぞ。ということで、依頼主である家内に相談した。「ダメ~~。和風になっちゃう~~~。やめて~」と即、却下。(>_<)


ラワン材の端材なら一杯あるぞ。ということで、今回出た端材を寄せ集めて鏡板を作ることにした。これで、ほとんど端材が出なくなり、木材の有効活用になります。貧乏性のWAKUは、なんか幸せ~な気分になります。
blog_import_535b676e9a681.jpg


一枚づつ、反りやひねりを修正した後、自動鉋で厚さを9mmに揃え、大きさを合わせていく。
これがまた、地道な作業の繰り返しなんだなぁ。音楽聞きながら、鼻歌気分で、ロボットのように作業する。昔から、根気だけはあると言われたものなぁ・・・。約70枚製作。実は3日位、同じ作業してたような・・・(笑)


その後、サネ加工をする。なかなか進まない。
あ~~~、ラワン材を買いに行った方が楽だったなぁ・・・。
blog_import_535b676f827c7.jpg


本箱製作 | 23:16:13 | トラックバック(0) | コメント(2)
本箱製作 15

扉枠の部材ができたので、仮組みしてみます。


ラワンは柔らかいのでホゾを1mm程度大きくして、木殺しした後、玄翁で打ち込みました。


デザイン的には、ほとんど考えていないので、イマイチですが、思ったように組めると嬉しいものです。


これから鏡板を考えます。


blog_import_535b6769e9971.jpg

blog_import_535b676a98ebd.jpg


本箱製作 | 08:13:50 | トラックバック(0) | コメント(2)
本箱製作 14

框組みで、扉を作る。


ルーター持ってないし、レール、スタイルビットもありませんので、トリマーで溝を掘って、鏡板を入れるだけのシンプルな扉にしましょう。


blog_import_535b67660896e.jpg


本箱製作 | 23:03:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
本箱製作 13

扉の製作に入りました。


扉もラワン材です。
今回は変形物じゃないので、平面、直線、直角に気を使わないといけません。
変形物なら適当に加工しちゃうのですが、きちっとした作品は低い加工レベルが目に見えてしまうので、ドキドキだ。
この状態で尻込みしてます(笑)


blog_import_535b6761ec24b.jpg


本箱製作 | 09:09:24 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。