■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ
■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自動鉋
タモを深く切削していたら、後ろの方で板が厚く、送られなくなってしまい、即スイッチを切ったのですが、DELTA製22-560J という僕の大切な自動鉋がスイッチを入れても動かなくなってしまいました。(日曜大工向けのポータブル自動鉋ですが・・・)
68d08c18dc715b99723f704acf967b1a.jpg

温度ヒューズか電流ヒューズのような安全装置が作動したと考え、説明書を見ると、そんな安全装置は付いていませんでした。
ガ~ン、故障してしまった・・・・真っ青
マジで新品の自動鉋の情報を集めていました。
なんとなく、スイッチを外すと、電線をジョイントしている部材が焼けて炭化し、溶断していました。...
f1539f138b77f953cef59d4801962827.jpg

229d29cf1e6db29c4673247edc01ea98.jpg

原因が分かった!!
早速、電線を半田でジョイントして、修復したら復活してくれました。
今回は助かりました。


スポンサーサイト
木工工具 | 23:05:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
レジンダー (2)

レジンダーを横向きに取り付ける箱を作りました。
本体が、30kg以上あるので、太い木で製作します。
blog_import_535b79f17116a.jpg

ネジで組むか悩みましたが、ほぞで組みました。
blog_import_535b79f222db3.jpg

組立てます。
blog_import_535b79f282aad.jpg

本体を組込みます。
横向きで使用するのは、自己責任でお願いします。
blog_import_535b79f35d860.jpg

なんとか完成しました。
blog_import_535b79f3cfa68.jpg

工具が増えてきて、収納場所に限りがあるため、テーブルの高さを低くしましたが、ちょっと、低すぎました・・・・
レジンダーで長時間作業することは少ないと思いますが、その際は、作業机の上において作業しようと思います。


端材を探して、作業机の上に置いています。
時間を見つけて、加工します。
blog_import_535b79f43a667.jpg


木工工具 | 00:32:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
レジンダー (1)

ずいぶん前にホームセンターで購入したリョービ製 BDS-1000の調子がやや悪くなってきたこともあって、中古品をオークションで購入しました。


レジンダー(ベルトグラインダー、ベルトサンダー、エッジサンダー、エンドレスサンダーなど色々呼ばれているようですね)を入手しました。
blog_import_535b79eb0a662.jpg

輪になったペーパー(写真では緑色)が回転して削る機械です。
変形した脚などを作るときに使用します。
blog_import_535b79eb9fc1c.jpg

下村電友舎製作所 DRE-034
ベルトサイズ:100×915mm
モーター:300W 4極
電源:単相100V 6.6A 1800回転/分 (60Hz)
ベルトスピード:700m/分 (60Hz)
blog_import_535b79ec45cef.jpg
300Wとやや非力かもしれませんが、私の使用目的(木の整形)では十分な仕様かと思っています。


今まで鉄工関係の所で使用されていたと思われ、随所に黒くなった鉄粉のような物が付着しています。
blog_import_535b79ecba5d4.jpg

除去するため、分解して、灯油で洗浄中です。
blog_import_535b79ed62096.jpg

シンプルな構造ですが、機械に触れるのはとても楽しいです。


レジンダーを横向にして使いたいので、洗浄が終わったら、木枠を作って取り付ける予定です。


 



木工工具 | 08:11:49 | トラックバック(0) | コメント(2)
工具の整備

約2年前に、DELTA10インチバンドソー(Model 28-195)のホイールラバー (ゴムリング)が壊れたので、ゴム板から自作したものを使ってきましたが、先日それも外れてしまいました.
blog_import_535b79df1c5b9.jpg

ゴム板からホイールラバーを自作するのは無理があり、安全性に問題があると思われますので、過去の記事に追記しました。
http://pub.ne.jp/craftWAKU/?entry_id=3988742


今回は、ネットで検索し情報を集めた結果、オフ・コーポレイションで、REXON 10インチ・バンドソー BS-10K2 用のホイールラバー (ゴムリング)を購入しました。
http://www.off.co.jp/index.php?id=4&s=11001469


blog_import_535b79dfb6651.jpg

ホイールに比べて、とても小さく、入れ方が分からなかったのですが、諸先輩方々から、湯で煮て軟化させてから嵌めると教えていただきました。
煮る前にエッジが立ちすぎているので、小刀で削りました。
blog_import_535b79e02aa0d.jpg

3分くらい煮て、一気にホイールに嵌めます。
写真のように、2箇所クランプを使用して固定したあと、一気に手で伸ばして、はめ込みました。
blog_import_535b79e0c3432.jpg

下側のホイールは、バンドソーから外さずに嵌めました。
blog_import_535b79e13fecf.jpg

これで、音も静かになり、快適にバンドソー作業ができます。


 


次は鉋の話題ですが、最近、表馴染みをきつくする傾向があり、銅の玄翁もめくれて変形してきました。


なんとか写真の左側を修整しました。右側はまだ修正できていません。
blog_import_535b79e1a6f24.jpg

ついでに、電気のこぎりも動作しなくなっていたので、カーボンブラシを調整して修理しました。
レーザーマーキングも点灯しなかったので、分解、掃除、電池交換で修理しました。
blog_import_535b79e23ca10.jpg

木工回帰へ着々と準備中なのであります。


 



木工工具 | 20:44:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
シックネスゲージ

ついに、シックネスゲージを購入してしまいました。


実は、今のシックネスゲージ、優しいおやかたさんの「削り屑を見たら厚さは判るから、普段は使わへんし、道具は使う人の所にあればええ」というお言葉に甘えて、8ヶ月もお借りしていたのです。
お借りした頃、12~18ミクロンを行ったり来たりしながら削っていたことを思い出しました。懐かしいなぁ。
大変お世話になったシックネスゲージで、これがなければ、薄削りをしていなかったかもしれません。


しかし、いつもでも、図々しくお借りするのも申し訳ないし、やはり自分の物が欲しかったので、ようやく購入した次第です。
左側が、購入したものです。
blog_import_535b762a164b8.jpg


同じミツトヨ製547-401ですが、マイナーチェンジされています。
blog_import_535b762a94bf8.jpg


blog_import_535b762aecf30.jpg


シックネスゲージが変わっても、薄くならないのが残念なところです。(笑)



木工工具 | 00:49:59 | トラックバック(0) | コメント(7)
バンドソー ローラーのゴムを修理

先日、ゴムが劣化して切れてしまったDELTA製 Model 28-195 バンドソーを修理しました。


【2014年3月14日追記(赤字)】
以下の修理では、ゴム板が再度外れてしまうことが分かりました。
危険なことも想定されますので、以下の方法で修理しないでください。


ttさんからのアドバイスを参考に、近所のホームセンターを1時間ほどウロウロして代替品を探していました。
最初は、Vベルトで考えていましたが、厚さが10mm以上になるため却下。
トラックの荷物を止めるためのゴム、輪ゴムの大きいやつ、ホース・・・・・色々考えましたが、寸法と価格が合わず、どれも却下。


結局、ゴム板を購入しました。
色はあめ色ではなくて、黒ですが、気になりません。(黒のほうがかっこ良く見えます)
厚さは3mmです。
幅は17mmが欲しかったのですが、100mmのものが最小でした。
それでも1m当り 318円と安価でしたので、駄目で元々の感覚で1m購入しました。
blog_import_535b74ef8c19c.jpg


幅は、カッターナイフで17.3~17.5mm位にカットしました。
blog_import_535b74f00e63a.jpg


溝幅が17mmですので、ゴムの幅は17mm弱にしたいところですが、反対に大きめにして、ローラーの溝に圧入する方式としました。


圧入といっても、ゴムを引張り気味にして溝にはめ込む感じです
blog_import_535b74f06a143.jpg


両面テープ無しで、十分固定されます。
つなぎ目部分は回転しても外れてきませんでしたが、念のため、アルミテープで固定する予定です。
昔、入手したアルミテープを探しましたが、見つからず、今日は固定をあきらめました。
次回、ホームセンターへ行って購入しようと思います。


blog_import_535b74f0c63ef.jpg


試運転しましたが所、音も小さくなり、快適です。


318円の板から、5本は取れるので、1本当り数十円で修理可能となる計算です。


下側のローラーのゴムも怪しいので、切れたら、残りのゴム板で修理しようと思います。


よかった、よかった・・・・・



木工工具 | 23:17:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
刃口用の治具

以前から、八寸勾配用の刃口を切る治具を作りたかったのですが、製作方法が分からず断念していました。


八寸勾配は、38.7度。
テーブルソーで、刃を傾けて切れるのは45度が限度で、それ以下が切れません。


先日、芭屋框組さんから、丁寧にご紹介していただきました。ありがとうございます。
.http://blog.goo.ne.jp/hanaya002/e/676d5f1a4f85fba993cf50d2ac9952e1


早速、<卓上丸のこ で作ってみました。


blog_import_535b74306707e.jpg


これが、欲しかったんです。
blog_import_535b7430c91f8.jpg


尚、卓上丸ノコの特殊な作業になりますので、


・材料は、厚さ約30mm以上、長さ約300mmで安定させる
・材料は、事前に直角を精度良く出す
・角度を決める角度定規は、必須
・安定させるためテーブルと同じ高さの馬は、必須

など、材料の固定を確実にして、自己責任で安全にはご注意ください。



木工工具 | 23:29:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
鉋合宿での購入品

今回の鉋合宿は、曼陀羅屋さんで実際に道具を見ることもできましたし、購入する楽しみもありました。
ついつい、勢いで大量購入してしまいそうで、気分を抑えるのに必死でした。
僕の購入品を紹介します。
blog_import_535b733bb53f0.jpg


・シャプトン刃の黒幕#12000
 少し研いでみましたが、鋼、生地共にピッカピカに光ります。
 天然砥石の光り方と比べると、下品な光り方と思いますが、好みの問題かもしれません。
 研いだ後の切れ味については、まだ良く分かりません。


・グリーンテック K2
 研ぎが下手なので、時々安価な治具を使って、丸刃を直しています。
 こちらの方が使い易そうなのと、2分研ぎも楽にできそうなので購入しました。
 ただ、説明書を読んでも、あれから眠くて頭が回らず、チンプンカンプン。
 休日にじっくり読んで見ます。


・ダイヤブリック
 グラインダーの目詰まりを取ろうと思い購入しました。


・肥後の守
 おまけで付けていただきました。


・口切鑿
 鉋台打ちにあると助かります。
 これからも引き続き、台打ちしようかな?
 変形家具製作時に使えないかなぁ。


blog_import_535b733c38e1d.jpg


・銅玄翁
 実は最終日、大ボケして、寝袋を曼荼羅屋さんに置いてきてしまいました。
 返送していただく寝袋の中に入れていただきました。


これらを使いこなして、コンスタントな一桁を目指します。
研ぎたくて、少しやってみましたが・・・・・・若干、薄くなったような気がしますが、まだまだです。
blog_import_535b733ca377d.jpg


もっと道具を使いこなして、自分の物にしたいと思います。



木工工具 | 01:06:16 | トラックバック(0) | コメント(10)
木槌 420g 製作

使っている木槌(写真中央)は、210g=56匁です。


1寸4分位の幅広の鑿を使うには、もう少し重い木槌が欲しいと思い、作ることにしました。


屋外の廃材置き場で捨てきれず、放置していたニャトーが使えないかと考えて持ってきました。
手前の柄は、以前、買い置きしていたものです。
blog_import_535b72ede8475.jpg


それにしても、節やら割れがあって、使えそうにない材ですね。
プロなら、リスクが多くて使わないと材かと思います。
(塵埃で、機械の刃が損傷するかもしれないし、まともな材が取れない可能性が高いです)


アマチュアの僕は、費用節約するため、あえて使ってみました。
写真のように一気に作ります。
blog_import_535b72ee5a17a.jpg


blog_import_535b72eede355.jpg


blog_import_535b72ef61d60.jpg


blog_import_535b72efbc626.jpg


blog_import_535b72f039668.jpg


420g=112匁の木槌ができました。
材が悪すぎて、一部に割れが入っています。
まぁ、木槌は消耗品と考えて、そのまま作りました、
blog_import_535b72f092015.jpg


blog_import_535b72f110cce.jpg


blog_import_535b72f183407.jpg


その後は、鑿を研ぎ、「楽仙」の台打ちの準備をしています。
写真は、最近、登場しなくなった昔から使用しているキング#1000。
僕の研ぎの原点かもしれません。
これで鑿を荒く研いでいますが、砥石が薄くなってきて、割れそうで心配しています。
blog_import_535b72f201787.jpg


これで、台打ちを始める準備が整いました。


いくよ~。



木工工具 | 22:33:53 | トラックバック(0) | コメント(6)
手押し鉋の刃

研ぎに出していた「日立工機製 F 40P」 の手押し鉋の刃を受け取りに行ってきました。
当初、手押し鉋に取り付いていた刃を今回研ぎに出して、現在使用している刃と交換する予定です。
自分で研ぐことも考えましたが、刃こぼれもあったので、あきらめました。
研ぎ代を払って研いでもらったのは、初めての経験です。


blog_import_535b72c628c42.jpg


研いでもらった刃を確認していたら、兼房製であることがわかりました。
blog_import_535b72c68dcd3.jpg


兼房の刃に出会うとは思っていなかったので、嬉しいです。


早速、次回休日に刃の交換をしようと思います。


「台打ち」に向けて、手押し鉋を整備しています。



木工工具 | 22:00:48 | トラックバック(0) | コメント(8)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。