■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
仲間と初削り

午後から、津市在住のKさん、Yさんが鉋持参で来てくださり、鉋談義と初削りを楽しみました。


Kさん、Yさんともに鉋、薄削り大好きな大工さんです。


新年の乾杯の後、喋りだしたら止まりません。


初削りを忘れる所でした。(笑)


今年も真剣な薄削りがスタートしました。


blog_import_535b77ca3d8a6.jpg
写真は、Yさんが坂田の鉋で削られている様子です。銘は忘れました・・・・
そう言えば、坂田の鉋を始めて削らせていただきました。
とてもよく切れて長切れしていました。


皆さん、最近レベルが上がってきて、10ミクロンを切り、6~8ミクロンの数字でした。


米ヒバだけでなく、秦野の桧やホームセンター(笑)の杉を削って楽しむバリエーションも増えてきました。


再生中の「貞正」を登場させましたが、調整不足であっさり敗退しました。


それぞれ、今年の課題を見つけることができた1日になったことと思います。


今年も楽しく削りましょう。



スポンサーサイト
一人削ろう会 | 20:20:06 | トラックバック(0) | コメント(4)
特訓! どこでも研ぎ場 

こんなことを書くと、失笑されそうですが、どこでも研ぎ場の特訓をしていました。
削ろう会での研ぎ場の環境は、色々あると思いますが、屋外の地べたが多いようです。
流し台の研ぎ場があっても、まともに研げないのに、屋外で地べたに座って研ぐことは、経験がほとんど無く、今まで撃沈しています。


そこで、どこでも研ぎ場を使って、屋外をイメージしながら、「金井」の研ぎの練習をしてみました。
まずは、どこでも研ぎ場を準備。
blog_import_535b772582ffa.jpg


研ぎ始めると、高さが気に入らなかったり、色々グッズも不足していて、最終的には、下の写真のような環境になっていました。
最近、試している極秘のラップ道具類も写っています。(笑)
blog_import_535b772613e9d.jpg


それで、肝心の研ぎ、削りは・・・・
blog_import_535b77268062e.jpg


おっ!薄い!(部分的ですが)blog_import_535b7726da34a.jpg


ボロボロでムチャクチャな削り華ではありますが、一応、一桁に入っています。どこでも研ぎ場で研げそうな気がしてきました。


もう少し、白く透き通ったドキッとするような削り屑が綺麗に出ないと、(WAKUの技術では)現場調整で一桁は難しいと思っています。



一人削ろう会 | 22:54:33 | トラックバック(0) | コメント(2)
一人予選会

4月29日(日)に伊勢のおやかたさんの工場に、鉋人が集まって削りを楽しむ予定です。
伊勢のおやかたさん、いつもお世話になっていまして、ありがとうございます。


最近、なんちゃって積層台に遊ばれてしまい、薄削りの感触が無くなって不安でしたので、久しぶりに薄削りをしてみました。
目的は、どの鉋を持っていくか?です。


一人予選会と題して、削りはじめました。
一番目は、「楽仙」を研ぎ、下端を修正して挑戦です。
blog_import_535b75ce3b0fb.jpg


blog_import_535b75ce93c61.jpg


まだまだ、調子が出ていません・・・・



一人削ろう会 | 00:01:07 | トラックバック(0) | コメント(6)
長台鉋の重要性

今更ではありますが、薄削りにおいて長台鉋が重要と思うようになりました。
(以下は、WAKU個人の考えで、間違っていたらご容赦くださいね)


最近、薄く削るには、3点で当てた鉋で、無理な力を加えずに削ることが重要と感じています。


鉋に変な圧力を加えて引いてしまう原因のひとつに、削り材の平面精度不足があります。


削り材の平面精度を上げるために、長台の下端も3点正確に当てて、ほとんど力を入れずに引いて削っていきます。


blog_import_535b75691c03b.jpg


このようにして、削り材の平面精度が高まれば、本番の薄削りで、鉋を軽く引いて削ることができ、薄い削り屑が期待できます。


平面度が上がれば、長台でも、薄く削れます。
blog_import_535b75697e266.jpg


8ミクロンくらいまでなら、僕の長台で出すことが可能です。
blog_import_535b7569dd3be.jpg


実は長台の方が、鉋の重量があって、安定して引きやすいように感じています。
う=ん、2丁目の長台が欲しくなってきました。



一人削ろう会 | 23:10:15 | トラックバック(0) | コメント(2)
穏やかな日

今日は、暖かくて穏やかな日になりました。
工房内は、室温16℃、湿度66%と昨日までの雨で、湿度が高い。
鉋の薄削りで、一桁が出そうな予感がしたので、一人削ろう会を開催しました。
blog_import_535b753a27106.jpg


山本さんの講演で、今でも耳に残っている事があります。
下端の話だったと思うのですが、「2ミクロンに削るなら、2ミクロンの精度が無いといけない。」のような意味だったと思います。
ということは、5ミクロンで削るなら、5ミクロンを下端の精度で感じないといけないことになります。
5ミクロンにしても、今までのように、適当にやって削れる薄さではないことは確かです。


そんなことを思い出しながら、長台を調整して、削り材を整えました。
削ってみると、今日は長台の調子が良い。
blog_import_535b753a942fa.jpg


調子に乗って、長台で薄削りもしました。
blog_import_535b753b2d562.jpg


薄い薄い、長台で9ミクロンと一桁です。
長台の重さが丁度良くて、ほとんど下に押す力を入れなくても削れてきます。


我が家のエースは、「金井芳蔵」。
下端を3点付に変更していますが、もう少しひねりを修正しないといけませんね。
blog_import_535b753bb166d.jpg


ちょっと、鉋屑が美しくないけど、薄い薄い!
部分的に6ミクロン。写真を撮影していたら、5ミクロンに変わっていました。
blog_import_535b753c25933.jpg


最近、調子を上げている準エース、「楽仙」。
blog_import_535b753c76fc9.jpg


7ミクロンでしたが、これまた撮影中に6ミクロンに変わっていました。


今まで自分の適当な削り材で、ここまで薄く削れたことは無かったので、着実に進歩しています。


研ぎは、従来通りの刃先研ぎですので、下端の精度と、削り材の平面精度によって、1~2ミクロン薄くなったような気がします。
でもなぁ~、2とか3ミクロンって、どうしたらそんなに薄くなるんやろうな。


今日は、久しぶりに自己満足度が高い日になりました。



一人削ろう会 | 21:45:26 | トラックバック(0) | コメント(6)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。