■プロフィール

craft WAKU

Author:craft WAKU
HP : http://www7.plala.or.jp/WAKU/

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ

■月別アーカイブ

■フリーエリア

■検索フォーム

■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
restless box #1  お披露目と課題

先日「restless box #1」を家内にお披露目しました。
毎回、どのような方法でお披露目するか?考えてしまいます。
今回は、リビングの棚にさり気なく置いて、気付いてくれるのを待つ方法にしました。


しばらくしたら気付いたようです。
「何これ?」
『新作できたんだけど・・・・』
「(無言)・・・・・・・」
「(無言)・・・・・・・・・」
「(無言)・・・・・」

「へぇ~~、イイジャン、これ!」
今までと違ってなんかを感じるらしい・・・。
僕には分からないけど・・・・・
ということで、今回は気に入ってもらえたようです。
無事にリビングの棚に置かれることになりました。ほっ(^_^)v
blog_import_535b6dd3e36b8.jpg

《課題》
はじめて留め継ぎでboxを作ったのですが、上手くいきませんでした。
1.板は、歪みを完全に無くしてから使用すること
  歪みが残ったまま加工したので、留め加工、組立てとも苦労しました。
2.雇いざねは、若干緩めに入るようにすること
  木工ボンドにより、木が膨張して勘合がきつくなってしまいました。クランプが使用できれば問題のないレベルなのですが、クランプが入らない部分があり、結局、隙間が開いてしまった部分があります。
3.箱内側の面取りは、組み立て前に行うと良い
  内側は鉋が掛かりません(^_^;
4.クランプできるように組み立てる順番を良く考えると良い


restless box #2を製作するときは、上記反省を踏まえ、作品名とは反対で、心を落ち着けて作ろうと思います。
長期間のrestless box製作にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。



スポンサーサイト
restless box #1 | 08:58:56 | トラックバック(0) | コメント(2)
木が綺麗

表面を眺めていたら、奥深い所でキラキラ輝いているように見えて吸い込まれそうになりました。
とても美しかったので撮影してみましたが、上手く撮れず残念です。
材木の持つ質感を写真で撮影するのは難しいですね。
激安カメラと僕の撮影技術では、無理か・・・・何かコツがあるのでしょうか?


(1段目)バーズアイメープル
blog_import_535b6daf2e20a.jpg

(2段目)キルティッドメープル
blog_import_535b6daf85ed0.jpg

(3段目)ウエンジ??
blog_import_535b6dafd6f89.jpg


restless box #1 | 09:22:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
撮影


一夜明けて、気分が落ち着いたので、完成写真を撮影しました。


       blog_import_535b6da6b0549.jpg

       blog_import_535b6da714b51.jpg

【作品紹介です】
作品名の「restless box 」は、勝手に作った造語で「落ち着きの無い箱」を意味しています。
デパートで一杯買い物して、箱を積み上げて運んでいて、上の方から崩れてくる場面とかを想像してしまいますね。


それぞれのボックスは、嵌め合い+木工ボンドで固定されていますが、固定のための部材などは、全く見えなくしてあります。
また、留め接ぎで箱を作り、木口を見えなくすることでスッキリした仕上がりになるように心がけました。


3種類の美しい木を組み合わせた自己満足なオブジェですが、CDやDVDを斜めに立てたり、玄関先に置いて小物を入れると、なんとなくお洒落かもしれません。



実は、下の写真のように横に並べる方向で図面を書いて製作していたのですが、途中で置く向きを変更しました。blog_import_535b6da763edb.jpg

向かって一番右の箱は、宙に浮いているのですが、もう少し上に位置したら面白かったと思います。


【高さ52cm、幅21cm、奥行20cm】



restless box #1 | 00:09:26 | トラックバック(0) | コメント(8)
とりあえず完成させました。

久しぶりの新作は「restless box #1」。
四苦八苦しながら組立てました。
メイプルの白さが少しでも残るかもしれないと考えて「桐油」のオイル仕上げです。

       blog_import_535b6da2db9d2.jpg

単なる箱の積み重ねですが、想像していたより数倍難しく、完全に僕の力量不足でした。
完璧を狙ったのですが、いたるところで失敗しました。


反省と課題が一杯ありますので、今後、このブログに書きとめておいて、いつかリベンジしたいと考えています。
ということで、「restless box #1」と”#1”を付加しました。


あぁ~~~、もぉ~~、 むちゃくちゃ悔しいです!



restless box #1 | 23:54:18 | トラックバック(0) | コメント(6)
木端を削る
木端を削りました。
超いいかげんな「摺り台」。
シッカリした治具を作らないと、加工精度が悪いうえに、加工時間も掛かります。
きちっとした摺り台を作りたいと思っているのですが、なかなかできません。
なんとかしないといけませんね。
blog_import_535b6d99ac6ca.jpg


restless box #1 | 23:59:23 | トラックバック(0) | コメント(0)
部材が完成しました

今日は朝から研ぎました。
石油ストーブでお湯を沸かして使用したので、冷たくなくて楽でした。
この冬の研ぎは、ぬるま湯で乗り切ろうと思います。
部材を仕上げるため良く使う鉋と鑿を研ぎました。
blog_import_535b6d957e79e.jpg

一番奥の8分の鑿、裏が切れそうで冷や冷やしながら使っています。
もう糸くらいの裏しかないので、裏押ししないといけません。


restless boxの部材加工が終了しました。
部材の数が多くなって、ゴチャゴチャしています。
研いだ鉋と鑿で仕上げていきます。
blog_import_535b6d95dc0d0.jpg


restless box #1 | 22:53:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
板が交わる加工

留め継ぎで四角い箱を綺麗に作れば、カッコイイし、役に立って家族に喜ばれるし、加工時間は少ないし、失敗する可能性も少ないし・・・・良い事は分かっているものの・・・・


性懲りも無く変形物にしちゃいます。
今回のテーマは、「直線で変形」です。


ということで、板が交わる部分を加工しています。

blog_import_535b6d9159636.jpg

もう一枚、別の角度から。
blog_import_535b6d91aec49.jpg

また悪い癖(病気?)が始まっています(笑)



restless box #1 | 23:56:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
バーズアイメープルの箱

バーズアイメープルの箱を仮組みしてみました。


板の平面が充分出ていなかったことと、留めの加工精度の悪さが出て、隙間が開いています。(>_<)


クランプにお世話になってリカバリーできると良いのですが・・・・

blog_import_535b6d8d2c7e0.jpg


restless box #1 | 01:02:14 | トラックバック(0) | コメント(4)
留型隠し雇い実継ぎ?

箱を作ります。
あられ組、蟻組・・・・・・何で組むか?


色々考えた結果、留め加工にしました。
実は「留型隠し蟻組み継ぎ」に挑戦したかったけど、鎬鑿を買いそびれているので、次の機会に延期してしまいました。
ということで、「留型隠し雇い実継ぎ(というのでしょうか?)」で組むことにしました。


正確な木取りと加工が必要とされますが、木取りがアバウトだし、ウエンジは板も反っているので、どうなることやら。


ウエンジの板からスタートしました。
とりあえず仮組みです。

blog_import_535b6d8117a09.jpg


restless box #1 | 23:41:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
鉋掛け

やっぱり、鉋掛けは難しいです。
キルティッドメープル、バーズアイメープルは、苦しみながら(笑)、なんとか終了。
blog_import_535b6d7cde628.jpg

ウエンジは、逆目がひどく太刀打ちできませんでしたので、ペーパーで仕上げました。
唐木の鉋掛け、今回も断念です。
そういえば以前、花梨も上手く鉋が掛からなかったなぁ。
コツが分からない。難しいです。



restless box #1 | 23:59:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。